健康、生活 › 歯ブラシを口に入れて、なんとなく動かして「磨いた気分」になっていてもそれでは虫歯予防にはなりません

2018年08月07日

歯ブラシを口に入れて、なんとなく動かして「磨いた気分」になっていてもそれでは虫歯予防にはなりません

歯垢(プラーク)にひそんでいる、歯周病菌が歯ぐきの炎症を引き起こします。 むし歯と同じく、初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどなく、気づかないうちに進行しています。歯ぐきの炎症から始まり、のちに進行すると骨を溶かしていきます。 歯ぐきの炎症だけの段階であれば十分に治る可能性がありますが、骨が溶けだしてしまうと、溶けた骨は戻ることはないため、 再生治療という治療方法になります。でも、歯周病にかかるといかに進行を止めるかが大切ですね。
超音波スケーラー
歯ブラシを口に入れて、なんとなく動かして「磨いた気分」になっていてもそれでは虫歯予防にはなりません。 大切なのは磨き残しやすい部位を理解した上で正しい歯磨きを行い、プラーク(細菌の塊)をできる限り取り除いて 「磨けている」状態にすることです。
誰しも毎日、歯科医院へ通い続けることは不可能ですよね。

そこで予防歯科という観点では、毎日の正しいブラッシングなどのセルフケアが基本となります。当院では、患者様ごとのお口の状態や歯並びに合わせて丁寧にブラッシングの仕方をアドバイスしております。また歯医者が推奨する様々なお口のケアグッズも取り扱っております。さらに、毎日の正しいブラッシングだけでは、歯周病の原因をいわれる歯石を100%除去できないことも確かです。そこで、定期的な歯石除去をお勧めし、歯周病になりにくいお口の状態を維持していきます。

定期検診の重要性
毎日しっかりとブラッシングされている方でも、歯の汚れを完全に落としきることはできません。わずかに残った食べかすからプラークがつくり出され、むし歯や歯周病の原因となってしまいます。当院ではみなさんのホームケアのフォローを行っています。ぜひ、定期検診にお越しください。
歯科 ユニット
ブラッシング指導
患者様の歯並びに合わせた適切なブラッシング方法をレクチャーします。磨き残しが多い場所を中心に磨き方をお教えしますので、ご自宅でのブラッシングにお役立てください。

PMTC
PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、専用の機械を使ってブラッシングでは落とせない箇所の汚れを取り除きます。歯の裏側や歯周ポケットなど、プラークの溜まりやすい場所を重点的にクリーニングし、歯の表面をきれいにします。歯がきれいになることで、汚れが付きにくくなるメリットもあります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。