健康、生活 › また、矯正治療で噛み合わせや歯並びが良くなると、健康面だけでなく、見た目の美しさも手に入れることができます

2018年09月10日

また、矯正治療で噛み合わせや歯並びが良くなると、健康面だけでなく、見た目の美しさも手に入れることができます

歯並びがガタガタしている、下顎もしくは上顎が前に出ているなど人によって悩みは異なりますが、大人になっても矯正治療で治すことができるケースもたくさんあります。では、なぜ大人になっても矯正治療をしたほうがいいかというと、それは歯並びやかみ合わせが全身の健康状態にも影響を及ぼすことがあるからです。

たとえば、歯並びが悪くて歯と歯が不自然に重なっていると、その重なった部分はどうしてもブラシが届きにくく、きれいに磨けなくなってしまいます。すると、歯垢や歯石が歯について虫歯や歯周病になりやすくなるのです。また、歯並びが悪いということは上の歯と下の歯がきちんと噛み合わせられないので、きちんと噛めている人に比べて唾液の分泌量が少なくなり、そのため唾液による口腔内の殺菌が十分にできず、これも虫歯などの病気や口臭の原因になります。また、受け口や上下の前歯がかみ合わせられない開咬(かいこう)という状態では、歯と歯の間から空気が漏れてしまうため、発音がしづく滑舌が悪くなってしまいます。
ハンドピース
自然な笑顔も生まれます
また、矯正治療で噛み合わせや歯並びが良くなると、健康面だけでなく、見た目の美しさも手に入れることができます。それまで何となく人前で口を開けるのが気になっていた人が、笑顔で人と話せるようになったり、消極的だった人がいろんなことに前向きに取り組めたりすることもあります。もちろん、審美のためだけに矯正するわけではありませんが、歯並びや顎の位置を正しく調整することで、自然と美しい口元を手に入れることができるのです。

矯正治療はお子様だけでなく、大人になってから治療を行うこともできます。矯正治療は時間も費用もかかりますが、上尾の麻生デンタルクリニックでは矯正の専門医が治療するので、それに見合った治療を受けることができ、最後まで安心して通っていただけます。
矯正治療に興味はあるけどなんとなく不安、費用はどれくらいかかるのか心配という方も、お気軽にご相談ください。矯正治療の前には必ず無料の矯正相談を受けていただきますので、その時になんでも聞いて下さい。
歯科レントゲン
歯並びが悪いと
歯並びや噛み合わせの異常は、口腔内を虫歯や歯周病を発生させやすい環境にするばかりではなく、噛む力の低下、ひいては、顎の関節や全身にさまざまな障害を引き起こしかねません。よく噛む(咀嚼:食べ物を噛み潰すこと)という行為は、唾液やホルモンの分泌、脳への血流を促進します。また、咀嚼は顎の筋肉だけではなく、首の筋肉も使っています。つまり、顎が不安定になり、噛みにくい状態が続くと唾液の分泌不足や咀嚼に関連する筋肉バランスの乱れにより消化不良や頭痛や肩こりをはじめ、全身にさまざまな症状をひき起こす可能性があるのです。したがって、矯正治療には審美性の向上のほかに次のような メリットがあります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。