健康、生活 › いくらお金があっても入れ歯では、悲しいですよね。

2018年10月04日

いくらお金があっても入れ歯では、悲しいですよね。

歯周予防のために開発された施術であるP.M.T.C.をご存じですか?
PMTCとは、まず歯石をとり、「歯科衛生士や歯科医師などの専門家」が「歯の表面の汚れを除去したり、歯茎をマッサージするための専用機器と薬剤を使って「むし歯・歯周病予防」のために行う一連の施術のことです。

歯が溶けていく!そんな想像できますか?
今ご自分の歯は何本あるかわかりますか?本来、成人の歯は抜けない限り、親知らずがない状態で28本。右の図は、定期的にクリーニングを受けた人と受けてない人の比較です。定期的にクリーニングを受けた人は80歳でもほとんど歯が残っています。(表 赤棒)将来に備えて出来るだけ若いうちから、お手入れするかによって、将来の残す歯がこんなに違うのです。
マイクロスコープ 歯科
いくらお金があっても入れ歯では、悲しいですよね。80歳になっても20本以上自分の歯を保ちましょう。タバコのヤニ、茶渋などの着色や歯の頑固な汚れを取り除きます。本来のきれいな歯の色を取り戻したい方にはおすすめです。

金属アレルギーの方でも安心なメタルフリー治療
当院ではメタルフリー(金属を使用しない)での修復治療を積極的に行なっています。
従来、虫歯の治療や差し歯・被せ物などについては様々な金属の使用がごく当たり前の治療方法ですが、当院では保険診療でも基本的には中程度までの虫歯治療では金属を使用せず、コンポジットレジンと呼ばれる素材(硬質のプラスティック樹脂に似た、白い素材)を使用した修復治療を行ないます。
尚、差し歯・被せ物をする場合、通常金属で土台を作りますが、これもグラスファイバー併用のコンポジットレジンコアにすることでメタルフリーを実現しています。
コンポジットレジンのメリット
身体負担が少ない
歯を削る量が少なくて済むので身体負担を掛けません。
また、治療期間が短い(通常1~2回程の通院)ので普段お忙しい方にも適しています。
コンポジットレジンは色が歯の色に近い為、金属に比べ治療後の仕上がりに不自然さがない(目立たない)ので、人目のストレスがありません。
歯科 鉗子
金属アレルギーなどのデメリットがない
金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がありません。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。