健康、生活 › 歯治療の場合、同じ治療を3回繰り返すと歯を失うという統計があります

2018年10月08日

歯治療の場合、同じ治療を3回繰り返すと歯を失うという統計があります

「対症療法」についてご理解頂けたでしょうか?
歯治療の場合、同じ治療を3回繰り返すと歯を失うという統計があります
それでは、ここからは視点を歯科医療に戻し、「対症療法に頼り切った日本の歯科医療」が患者様にどのような「悪影響」をもたらすのかをお話しさせて頂きます。「悪影響」それはズバリ、「歯科治療を受けることで、抜歯のリスクが増大する」というものです。
と申しましてもイメージが湧き辛いかと思いますので、虫歯治療を例にあげて悪影響についてご説明します。例えば、虫歯で歯がしみるため歯医者に行くとします。こういった場合まず歯医者では、歯がしみる部分(虫歯であいた穴)を確認し、その周辺の虫歯を削り取ります。そして、虫歯や治療(削り取る処置)であいた穴を塞ぐことで「しみる」という症状を無くす処置を行い治療が終了します。
ホワイトニング装置
治療を終えた患者様は当然、「治った!」と認識されますので、「もう大丈夫!」と安心されると思います。しかし、先ほど行った治療はあくまで「しみる」という表面的な症状を無くした「対症療法」にすぎないため、虫歯になってしまった根本的な原因は解決していません。そのため数年後、虫歯が再発してしまい、以前行ったはずの虫歯治療を再び行うことになります。

そして実は、歯は削れば削るほどもろくなります。虫歯治療の場合、同じ治療を3回繰り返すと歯を失うという統計がありますので、上記の例の場合、いつの間にか、あと残り1回の治療で「抜歯」というところまで追いつめられてしまっています。つまり、まとめると、対症療法に頼り切った歯科医療は、歯を「治す」ために歯医者に訪れた患者様の歯を、「崩壊」へと導いているということです。

セルフケア(ホームケア)
あなたのセルフケアは十分ですか?
歯磨きはしっかり出来ているでしょうか。使っている歯ブラシや歯磨き粉は適切でしょうか。フロスは使っていますか?適切なセルフケアが出来ているかどうか、出来ていても継続的できているのか?等、お口の中のことはご自身ではわかりにくものです。歯医者さんで定期的にセルフケアが十分かどうかを確認しましょう。虫歯、歯周病にならないための第一歩です。
 歯科 コントラ
専門的ケア(プロフェッショナルケア)
歯科衛生士による専門的な予防とセルフケア指導残念ながら、ご自身だけで完璧に予防する事がは難しく、出来ている方でも着色や歯石がついたり磨き残しが あるところがあったりするものです。 衛生士による歯のチェックはセルフケアの再確認とともにクリーニングによってセルフケアで不十分だった原因となる汚れ (歯石)等を定期的に除去すること、また必要に応じてフッ素塗布や食生活や全身状態など個々に合わせたセルフケア指導 をさせて頂く事で、虫歯・歯周病の予防を行います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。