健康、生活 › 健康や美を維持するには、ご自分のリスク(弱点)を補っていくことが大切です!

2018年10月09日

健康や美を維持するには、ご自分のリスク(弱点)を補っていくことが大切です!

皆様は治療が終わったあと、またむし歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?
もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。
マイクロモーター
予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメンテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

健康や美を維持するには、ご自分のリスク(弱点)を補っていくことが大切です!
歯周病になりやすい人は、生涯にわたり歯周病菌の繁殖をコントロールすることが重要です。歯周病が進行した場合、細菌が歯周ポケットの中で繁殖して骨を破壊しますが、自覚症状は出ません。自分では気が付かないため、管理を怠ると再発する確率が高くなります。
噛み合わせに問題がある人は、定期的に安定した状態を確認し、噛み合わせの調整を受けることが必要です。日常生活の変化と口の中は密接に関係しているため、知らず知らずの間に噛み合わせが変わってしまう危険性があります。
超音波スケーラー
入れ歯の人は、加齢とともに顎の骨が痩せていくため、入れ歯がガタついたり、浮き上がったりするのを防ぐために、定期的に入れ歯を補正して安定をはかる必要があります。気がつかない間に人工の歯が掛けていたり、金具が破損したりすることがあるため、きちんと管理しましょう。このように、メインテナンスの内容は皆同じではなく、その人の傾向性や年齢に合わせて注意深く管理する必要があります。きちんと管理してあげることで、歯の健康と美を維持することができます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。