健康、生活 › 審美歯科では様々な白い材料を使って自然な歯のように仕上げることができます。

2018年10月11日

審美歯科では様々な白い材料を使って自然な歯のように仕上げることができます。

審美とは、一般には 『美醜を見分けること』ですが、歯科で使う審美とは、健康の上にさらに自然に、より調和のとれた状態にしていくことを言います。
昔なら前歯に金冠をかぶせてギラギラさせているのがステイタスだったかもしれませんが、現在はより天然の歯に近く、しかも歯並びもよくと言うのが当たり前で、歯を削って、見た目だけを良くしても、それは、本当の審美ではありません。

なぜならば、天然の歯にかなうものなどこの世の中には無いからです。 審美は、単に見せかけだけの美しさを求めるものだけではありません。歯並び、口唇の形、あるいは顔の形、そして歯肉と調和していることです。そこで、歯のホワイトニング・セラミック・歯茎の美しさなどを組み合わせた総合的な治療が求められます。美しい笑顔と優れた機能性は、あなたの人生をより豊かにし、可能性を広げてくれるのではないでしょうか?
歯科器具
セラミックインレーとは、セラミック(陶器・焼き物) で出来た詰め物( インレー) です。 比較的小さな虫歯を治療するときには、虫歯菌に感染した部分を削り取り、そこに削った歯を補完する歯科治療用素材を詰めて治療します。奥歯の虫歯には虫歯を削った後に型取りをして金属の詰め物である「インレー」をつめるというのが一般的な保険の虫歯治療になります。しかし、「銀色が目立ってイヤ!」「金属アレルギーが心配…」という方もいらっしゃいます。 

審美歯科では様々な白い材料を使って自然な歯のように仕上げることができます。見た目の自然さ、美しさではセラミックが一番です。セラミックは、色調や透明感を天然歯そっくりに加工できるので、本物の歯のように自然な白い歯を取り戻すことができます。セラミックスは金属ではありませんので、金属アレルギーの方でも安心です。 また、セラミックインレーは、虫歯治療の際に詰めることが多いのですが、既に治療してある歯でも入れ替えることも可能です。
光照射器
セラミックインレー
金属の代わりに白い材料を詰める方法です。一般的な材料はレジンという樹脂系の材料ですが、より審美性にこだわったセラミックを詰める方法がセラミックインレーです。
詰め物をする時はかみあわせが大切なポイントなので、歯と材料との境目をきれいに研磨することが重要になります。セラミックインレーでは詰め物をした跡がほとんど分からなくなります。近年では人気の高い治療方法です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。