健康、生活 › 一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。

2018年10月11日

一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色や
プラスチックの詰め物をします。保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

保険が適用できないケース
1.治療目的以外の処置
2.高価な材料を使う場合
一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。
歯科 通販
◆歯列矯正
矯正治療とは、自然歯列を特殊な装置を用いて正しい位置に誘導する専門治療を言います。
矯正治療は、単に見かけをきれいに並べるだけではなく、噛み合わせの機能回復をはかり、発音、顔のゆがみ、全身の健康の改善にも良い結果をもたらし、健やかで美しい笑顔を取り戻すことができる治療です。
矯正治療の期間は、個人差・症例によって前後しますが、一般的に2~3年ほどかかります。
また、保定期間(矯正装置を外した後の後戻りを防ぐための期間)も入れると、かなり長期にわたっての治療になります。従って、矯正は歯科医院スタッフと患者さん両方が協力し合って取り組む必要があります。

◆セラミッククラウン
歯を削りセラミックで作ったクラウンをかぶせます。
治療は数回の通院で終了しますので、短期間で歯並びを良くする場合に効果的です。
歯の形、大きさを調節し歯並びを良くしたり、歯の色を希望通りに治すことができますので、自然な感じに仕上げられます。
ご希望に合わせて、人工歯の種類をお選び頂きます。
光照射器
検査後、基本的な治療(虫歯、歯周病)などが終わったらこのようにして歯を作っていきます。
治療を受けている側ではわかりにくいと思いますが、この一つ一つのステップで確実に精密で美しい歯が作られます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。