健康、生活 › お食事をすると口の中には食べかすが残ります。みなさん毎日歯みがきをしますのでだいたいは洗い流されます

2018年10月12日

お食事をすると口の中には食べかすが残ります。みなさん毎日歯みがきをしますのでだいたいは洗い流されます

歯周病は、歯の表面につくプラークによって歯茎などが炎症を起こす病気です。
歯肉炎や歯槽膿漏などの症状が知られており、ひどくなると手術によって、プラークを取り除くことが必要です。また、単純なプラークが原因だけでなく、食生活や生活習慣など、多くの複合的な原因によって症状が悪化することが考えられます。歯茎の腫れや痛みなどの自覚症状が出た場合には、出来るだけ早期に歯科医に相談することが必要です。歯周病の予防は、日々のブラッシングや、歯周病対策として有効な薬用歯磨き粉を使う方法が有効です。習慣の中で歯周病を予防することが可能です。
マイクロモーター
プラーク自体は、黄白色をしているので、すぐには、歯にプラークが付着しているか判断することは難しいですが、歯にネバネバとした黄白色の物質があれば、プラークが付着しているため、適切な処置が必要です。歯科医では、歯垢が付着しているかどうかを判断するためのプラーク染色剤という特殊や薬品があります。この薬品を使用することでどの程度プラークが歯に定着しているかを判断することが出来、ブラッシングなどの指導を行っています。


歯垢(プラーク)
お食事をすると口の中には食べかすが残ります。みなさん毎日歯みがきをしますのでだいたいは洗い流されます。しかし、磨くのが難しい歯と歯の間や歯と歯肉の境目には磨き残しが生じます。お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。これらの細菌は磨き残った食物に住み着きます。さらにブラッシングが充分でなかったり、糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。 その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。細菌はこの歯石を足場にし、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。
超音波スケーラー
歯周病と心臓病
歯周病がある場合、歯周病菌が歯肉に侵入し、血管内に入り込む。全身を流れ心臓へ。心臓の血管や弁や内膜にとりつき、アテローム性プラークをつくり血管を狭めたり炎症を起こし、感染性心内膜炎や心筋梗塞や狭心症を引き起こす。
 
歯周病と脳卒中
歯周病がある場合、歯周病菌が歯肉に血管に侵入し血管の内壁に歯周病菌がとりつき、アテローム性プラークをつくる。血管が狭まったり、血管内皮に傷害が生じ動脈硬化が起こる。その結果血管が詰まったり、破裂する。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。