健康、生活 › 現在は免疫や乳酸菌との関係など、いろんな見解が出てきています

2018年10月12日

現在は免疫や乳酸菌との関係など、いろんな見解が出てきています

でも、虫歯の治療が終わってしまうと次に虫歯が悪化して自覚症状があらわれたり、詰め物が取れたりするまで何年も歯医者にいかない・・・なんていう方も多いと思います。お口の健康を生涯維持していくためには正しいセルフケアにプラスして定期健診やプロによるクリーニングが重要です。予防歯科により虫歯・歯周病の再発、新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことできます。たかはし歯科医院では女性から男性まで年齢も関係なく、定期的にクリーニングにいらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。どこか悪いところがなくても美容室に通う感覚で気軽にご来院下さい。
プライヤー歯科
セルフケアで取り除くことのできない歯石を歯科医院ではスケーラーという機械を使って除去します。スケーラーは超音波と水が出てきますが、決して歯を削るわけではありません。歯に付いた歯石やプラークだけを取る機械なので安心です。そして歯の表面をつるつるにして汚れをつきにくくします。当院の衛生士が、歯磨き指導や歯磨きだけでは落としきれない細かい部分の汚れを、磨いて歯をピカピカに仕上げます。定期クリーニングは3~6ヶ月毎に行うことが目安です。むし歯や歯周病の状態に応じて定期的にクリーニングをお勧めします。どれくらいの時期に来ればいいかわからない方は先生に気軽に聞いてみましょうね。

歯周病と闘うにはどうしたらいい?
昔ながらの見解で、歴史と実績がある治療法は、徹底してプラーク(細菌の塊)を取る、ということです。この「徹底して」というところがキーポイントです。患者さんの中には「歯ブラシをがんばる」ということが「徹底して」になるのだと考えている方もいらっしゃいますが、これは半分正解といったところです。もちろん歯ブラシの腕を上げることは大事なことです。正解は、歯周病の原因(プラーク)が隠れている場所まで徹底して取るということになります。

現在は免疫や乳酸菌との関係など、いろんな見解が出てきています。しかし、何をするにせよまずはプラークを取ることが先決ですし、どれだけ取れるかで予後も左右してしまいます。プラークは時間の経過と共に口の中で作られてしまいますので、歯周病治療後は必ずメインテナンスを受けて定期的にクリーニングを行う必要があります。もちろん、発症させないためにも大事なことです。
抜歯 器具
歯周病を治癒して維持させるためには必ずメインテナンスが必要になります。当医院のような予防歯科医療が診療理念の基盤となっている医院では、ごく当たり前のことです。なぜ、メインテナンスを続ける必要があるのかというと、原因である細菌の塊、プラーク(歯垢)がなくなることはないからです。歯周病には引き起こされた症状を治してからは、健康である状態をどれだけ維持できるかが最も重要です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。