健康、生活 › 削ったり抜いてしまった歯は元に戻りませんし、歯周病も放っておくと歯を失いかねない恐ろしい病気です

2018年10月17日

削ったり抜いてしまった歯は元に戻りませんし、歯周病も放っておくと歯を失いかねない恐ろしい病気です

予防歯科とは、その名の通り、むし歯や歯周病にならないために日頃から歯のメンテナンスをしっかりするという考え方です。
日本の医療制度では治療に健康保険が適用されるため、予防という考え方がこれまで医療の世界では浸透していませんでした。しかし昨今の国民医療費の増大や高齢化が進むにつれて病気(むし歯や歯周病)を未然に防ぐことの価値が見直されつつあります。健康な歯は人生を豊にする

むし歯や歯周病は治療すれば治ると考えられていますが、実際にはそうはありません。
削ったり抜いてしまった歯は元に戻りませんし、歯周病も放っておくと歯を失いかねない恐ろしい病気です。また、不健康な歯は、口臭の元になったり、歯茎から膿が出るなど、健康にも悪影響を与えます。歯科医院では、このような事が起きないよう、適切なブラッシング指導と食事指導で予防を行い、健康な歯で健康になっていただくということをコンセプトに予防歯科を行っております。
コントラ 歯科
予防歯科の流れ
予防歯科といってまず思い浮かぶのはブラッシングではないでしょうか?やつれて不健康な歯茎は歯周ポケットを多くし、そこに溜まった細菌や食物から歯周病が生まれやすくなります。予防歯科の第一ステップは適切なブラッシングです。正しいブラッシングをを覚えれば、歯茎を健康な状態にすることができます。健康に戻った歯は、さわやかなサーモンピンクの肌色になります。こうなると膿や口臭は消えてきます。今村歯科医院のブラッシング指導はわかりやすく、患者さん本人が自分でできるように丁寧に指導いたします。短時間で診察を終わらせなければいけない保険診療ではじっくりと患者さんのブラッシングスキルを指導することはできません。当院ならではのノウハウで、ご本人がうまくできるコツをしっかりと教えます。

歯みがき指導
皆さま、正しい歯磨きの習慣は身についていますか?虫歯菌・歯周病菌を減らすには、毎日の歯磨き・ブラッシングが最も大切です。正しいブラッシング方法で、虫歯菌・歯周病菌のすみかになるプラークを取り除く必要があります。歯並びの悪い方、歯と歯の間にすき間のある方は、歯ブラシによるブラッシングだけですべての歯垢を取り除くことは難しいです。デンタルフロスや歯間ブラシを併用することが必要です。
歯科 ユニット
歯医者では、お一人おひとりの歯・お口の中の状態に合わせた、歯の磨き方やデンタルフロスや歯科ブラシの使い方を、お教えしています。ブラッシング習慣が身についていない方、ご自身の歯の磨き方に不安のある方は、ぜひ一度ご相談ください。正しいブラッシング方法を身に付けて、虫歯や歯周病を予防しましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。