健康、生活 › 歯ブラシに血が付くのは、歯周病です。

2018年10月29日

歯ブラシに血が付くのは、歯周病です。

歯を失う原因は、虫歯と歯周病が大部分を占めます。虫歯の場合、放置しておくと、歯の神経をとることになります。神経をとると、歯は経年的にもろくなり、歯の根が割れる原因となります。また、神経をとった歯は、虫歯の痛みを感じません。つまり、自分では虫歯に気づかないわけです。歯周病は、痛みなく進行するため、気づく頃には、重症となっている場合が多いです。

以前、『リンゴを噛んで、歯茎から血が出ませんか?』というテレビCMがありましたが、歯ブラシをして、ブラシに血が付くのは、歯周病です。これら、虫歯や歯周病は、自然に回復はしません。『虫歯で歯に穴が開いたら・・・』、『歯周病で、骨が溶けてきたら・・・』自然には治らないのです。早めの処置をして、進行させない事が大事です。
歯科材料
歯ブラシに血が付くのは、歯周病です。
歯周病は、歯の根元にプラーク(歯垢)が付着して、歯肉が腫れて出血することから始まります。プラーク(歯垢)は、細菌の固まりで、うがいするだけでは除去できません。
痛みなく病気が進行し、歯がグラグラしてきてやがて抜け落ちます。発症してから抜け落ちるまでの経過は長く、通常30歳台半ばより発症し、50歳台半ばから歯がなくなってきます。その後は、加速度的に進行してきます。喫煙者においては、進行が早いこともわかっています。

また、全身疾患との関係も分かってきており、ラットでは、脂っこい食事を与え、人間の歯周病菌に感染させると、心筋梗塞になりやすい事がわかってきています。また、インプラントに問題を起こし、喪失させる細菌は、歯周病の細菌と同じ細菌であることが分かっているので、歯周病の治療をしっかりとすることが必要です。
タービン 歯科
歯は、事故などで抜けても、すぐに抜けたところに戻すと、また付きます。これを、意図的にする技術が、歯の移植です。噛むことに関係していない親知らずなどがあれば、奥歯が抜かなければならなくなった時に、移植できるかもしれません。歯の形、根の形によっては、できない事もありますが、入れ歯になる前に考えてもいい技術だと考えています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。