健康、生活 › 抜歯後の翌日からお渡しした洗口剤をご使用ください。

2018年10月30日

抜歯後の翌日からお渡しした洗口剤をご使用ください。

人間は通常乳歯が抜けたあとに上下左右に7本ずつ合計28本の永久歯が生えます。
しかし、乳歯から永久歯へ生えかわるタイミングではなく、その後、一番奥に生え出てくる歯があります。それが、親知らずです。最大で上下左右4本の親知らずが生えてきます。

抜歯した方が良い?
全ての親知らずを抜歯する必要はありません。しかし、親知らずは口腔内トラブルの原因となります。トラブルとしては次のようなものがあります。
親知らずの一部が歯ぐきから頭を出し、そこで炎症が起きる。
一番奥に生えてくるため、歯磨きがしづらく虫歯になり痛みを引き起こす。
親知らずが隣接する歯を前方に押し始め歯ならびが悪くなる。
こういったトラブルは治療をすれば治まるのですが、親知らずが原因のため多くの場合、何度も再発してしまいます。そのため抜歯をお勧めすることがあります。上記の症状を感じはじめたらお早めにご来院ください。
歯科材料
抜歯後の注意点
抜歯後、出血が止まったことを確認してからお帰り願っておりますが、手術後数時間経っても血が混じっていることがあります。これは異常なことではありません。もし、出血がひどく気になるようでしたら連絡してください。
出血が止まった後につばを強く吐いたり、うがいをすると再び出血することがあります。しばらくの間は、唾を吐いたり、うがいをする事はなるべく控えてください。
タービン 歯科
抜歯後の翌日からお渡しした洗口剤をご使用ください。
痛みがある場合はお渡しした痛み止めを服用してください。服用後も痛みが治まらない場合は、1時間後に2服目を服用してください。痛み止め以外の薬は処方どおりに服用してください。もし、服用して何か異常(腹痛・下痢・湿疹など)を感じられたらすぐに服用を
中止し、ご連絡ください。
抜歯した部位を歯ブラシで磨かないでください。抜歯した以外の箇所は丁寧に歯を磨いてください。抜歯した部位はバイ菌が入りやすく化膿しやすいので汚れた手・指でさらないようにしてください。
抜歯当日は、入浴・飲酒・刺激物・固い食べ物・激しい運動は避けてください。(シャワー程度の入浴は大丈夫です。)
麻酔が効いている間(2~3時間)は、熱いものや冷たいものなどの飲食は控えてください。また、頬や唇を噛まないように注意してください。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。