健康、生活 › 毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます

2018年10月30日

毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?
確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。

歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。痛くなってから行く→歯を削るの悪循環をとめることが重要です。そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。
スケーラー 歯科
歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。

プロによるクリーニング "PMTC"
PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。PMTCをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保ちます。

長期間安定した審美性(美しさ)を保つ為には、その歯が歯周病などの無い健康な歯周組織の上にあり、かみ合わせのバランスもきちんととれている事が非常に重要です。きれいな歯並びや白い歯によって、より明るく美しい笑顔を得る事が出来ます。なにより精神面への影響も大きく、歯や口元のコンプレックスを取り除く事で性格的にも、より明るく積極的になることが出来るのです。
パルスオキシメーター
フッ素塗布
歯にフッ素を塗ることによって虫歯を予防することが出来ます。特に小児の乳歯列期や混合歯列期は効果が大きくみられます。3~4ヶ月に1回のペースで定期的に行い、効果を持続させていくことが最も重要です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。