健康、生活 › 40代で2~3本、50代で3~4本。親知らず以外の歯を抜歯した方は、特に注意が必要です

2018年11月05日

40代で2~3本、50代で3~4本。親知らず以外の歯を抜歯した方は、特に注意が必要です

予防治療とは、歯周病やむし歯にならないようにプロの歯科衛生士があなたのお口の中をきれいにすることです。歯や歯ぐきなどのお口の中は体の一部を構成しており、独立した器官ではありません。口だけ健康、体だけ健康だということはありえません。全身が健康であってはじめて、お口の中も健康でいられます。特に歯周病はその典型です。逆に、よく噛むことができ、おいしく食事ができるようなお口の状態であることが、全身の健康に大きく影響します。

予防歯科として行うこと
むし歯・歯周病などにならないための予防、一度治療したところが再び悪くならないための予防、病気の進行を防ぐための予防・・・、ときわ歯科医院では、患者さん一人ひとりにあった最適な予防方法・プロフェッショナルケアを行っております。髪の毛のケアを怠ると痛んでしまったり、自分で切ってもなかなかうまくいきませんよね。これと同じように、歯にもプロによる定期的なケアが必要です。
口腔内カメラ
歯周病は生活習慣病として位置づけられ、食習慣、歯みがき習慣、喫煙などとも関連があり、単に歯科医師による治療のみではその効果があがらないことが明らかになってきました。患者さん個人の生活習慣の改善、自助努力も歯周治療の成否に大きく関与することを理解することが大切です。歯や口は、消化器官の一部としての役割をもっていると同時に、体全体ともつながっていることを再確認することが重要です。歯周病が口の中に限局しているだけではそれほど大きな問題にはならないのですが、長期間慢性化することによって、病原性をもった細菌が血液中に入ったり、飲み込まれて口から離れた心臓や肺などの遠隔臓器に行き着き、そこで病気を起こす可能性が高くなります。歯周病を予防したり、コントロールすることは、単に歯や口の健康を守るのみならず、全身の健康をも守ることにつながり、人生80年の高齢社会を豊かで快適に過ごすために極めて重要となることを理解しましょう。

歯周病から自分の身を守るには?
歯周病の原因は、虫歯と同じで、磨き残しによるプラーク(ばい菌の塊)です。治療した所はもともと磨けていなかったために治療に至っており、さらに治療すればするほど、どんどんブラッシングが難しくなっていきます。そのため、歯の神経をとる治療をした方、親知らず以外の歯をすでに抜歯した経験のある方は、当然、歯周病のリスクも高くなります。
マイクロモーター
40代で2~3本、50代で3~4本。親知らず以外の歯を抜歯した方は、特に注意が必要です。歯やその神経のない方ほど、その後、どんどん歯を失っていきます。歯周病の進行するスピードがとても速いのです。そのスピードを緩やかにする鍵は、ご自分の現在の歯の本数や、口の中の状況を把握することが大切です。ぜひ定期的にメンテナンスをしてください。何かが起こってしまう前に改善させれば、進行を止めることができます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。