健康、生活 › 別記もしていますが、歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。

2018年11月06日

別記もしていますが、歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。

あなたは、自分の歯の健康状態をご存知ですか?
痛みがないからといって虫歯になっていないとは限りません。痛みを感じでからではすでに悪化している可能性があります。
「80歳で20本」の歯が残すためには予防が大切
“予防”とは、お口の中の隅から隅までを診査・診断・治療することをいいます。特に歯周病は、歯を失う一番の原因といわれています。歯周病は歯を支える、歯肉や骨に炎症が起こる病気全般のことを指し、日本で30歳以上の約8割の人がかかっているといわれています。

歯周病にかかると「糖尿病」や「心筋梗塞」などのリスクが高くなるといわれています。初期段階の歯周病は痛みを感じにくいので、まずは定期健診を受けていただくことを歯科医院ではおすすめしています。
歯科用高圧蒸気滅菌器
プラーク(歯垢)
プラーク(歯垢)は、食べ物の食べかすをエサにして増殖した細菌のことで、歯を磨いたあと、時間が経つと歯の表面がネバネバした感じになるのが特徴です。プラークは除去歯垢染色剤を使用すると、磨き残したプラークが赤く染まるので、赤く染まった箇所を歯磨きで全て取り除いていく方法が一般的な治療法です。

PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は歯ブラシが届きにくい部位や、頑固な汚れ(細菌)を専用の機械を使って清掃・研磨していきます。PMTCには、虫歯予防や歯周病予防や改善、タバコのヤニなど歯の着色を除去し、本来の綺麗な歯に戻す効果があります。
超音波スケーラー
「歯周病」の恐ろしさ
別記もしていますが、歯を失う原因の第一位は「歯周病」です。
歯周病とは、簡単に言うと、歯垢や歯石に存在する細菌が産出する毒素が、歯を支えている骨を溶かしていく疾患です。
歯肉が赤く腫れたり、歯茎からの出血が多くなったりするという自覚症状から始まり、進行していくと歯がグラグラしてゆき、骨で歯を支えられなくなったら抜歯に至ります。
もちろん毎日食後の「歯磨き」は必要不可欠なのですが、ほとんどの場合、磨き残しがあり、また歯石は「歯磨き」では除去できません。
ですから定期的に歯科医院での「プロフェッショナルケア」を受ける必要があるのです。
予防歯科治療
口腔衛生指導とセルフケアの実践
歯石や着色の除去
フッ素塗布
を基本治療とし、必要に応じた治療を行っていきます(PMTC,3DS など)。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。