健康、生活 › トータルな口元の美しさをつくる究極の審美

2018年11月08日

トータルな口元の美しさをつくる究極の審美

口元が美しく整っていると、自然と自信が持てて表情も美しくなります。
表情が美しくなれば、普段の生活も楽しく活動的なものになってくるでしょう。生活にとってプラスになる口元の美しさを実現するための診療科目が「審美歯科」です。たとえば、口元でもっとも目立つ前歯の黄ばみを取ることや、意外と目立ってしまう銀歯を白い素材に替えるなど、気になる歯を生まれ変わらせることができ、歯のコンプレックスがなくなるため大変好評です。また、美しさだけでなく健康にもかかわる咬み合わせの調整にもなります。歯の見た目に関するお悩みがあれば、一度ご相談ください
生体情報モニタ
審美歯科は、歯や口元の見た目を改善することを重視した治療ですが、得られるのは審美的なメリットだけではありません。例えば、小規模であれば歯並びの乱れも整えられますし、乱れたかみ合わせも改善できます。審美面だけでなく、機能面の向上を図ることができるのも審美歯科の魅力だと言えるでしょう。

トータルな口元の美しさをつくる究極の審美
先天的に濃い色の歯や、詰め物、かぶせ物の色が合わずに、無意識のうちに口元がコンプレックスになっている・・・。 セラミックスなどを用いた審美歯科治療でそんなお悩みを解消できます。また、歯の色や形、軽度の歯列不正(きれいに並んでいない歯並び)までも審美歯科的な視点と治療法で改善することができます。よりトータルに、あなたらしい口元の美しさを演出いたします。

メタルボンド
最も歴史あるオーソドックスなタイプのセラミックスです。合金の上にセラミックスを焼き付けています。十分な強度があり、耐久性も抜群です。

ラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、その部分につけ爪のような薄い板を貼付けて歯の色を美しく改善する方法です。ホワイトニングではどうしても白くならない方におすすめです。

ハイブリッドセラミック
セラミック微粒子とプラスチック樹脂を理想的に配合。噛む力が強くかかる奥歯にも十分使用できる強度と、適度な柔らかさを備え、噛み合わせの相手の歯を痛めない生体にやさしい素材です。
ダイヤモンドバー
オールセラミック
金属を一切使用しないことによる高い光の透過性で、より自然な美しさと透明感をもち、耐摩耗性にもすぐれています。オールセラミックの冠(クラウン)は、最も美しい被せ物ですので前歯の治療に向いています。

ジルコニア・オールセラミックス
ジルコニアという特殊なセラミックをフレームに用いることで強い強度が得られます。従来はできなかった強い力のかかる奥歯やブリッジなど強度が必要な場合にも金属を用いないで治療することが可能になりました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。