健康、生活 › 疾患リスクを考慮した予防医療を提供します

2018年11月15日

疾患リスクを考慮した予防医療を提供します

小さなお子様であれば、むし歯が1本もないお口の環境をつくることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、新たなむし歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、むし歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、定期的なプロのケアがあなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのです。
歯科器具
日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「むし歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ」という考えです。その結果、70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。ずっと健康な自分の歯で美味しくごはんを食べたい方は、今から予防歯科を始めましょう。

疾患リスクを考慮した予防医療を提供します
患者さんの疾患リスク(病気のなり易さ)を科学的に判定して、そのリスクをコントロールすることにより、むし歯や歯周病の発症・進行・再発を予防します。

歯や口の健康の保持増進に努めます
患者さんが「一生おいしく食べて楽しく会話ができること」を目標として、歯や口の健康の保持増進を目指します。
お口の管理を継続的に支援します
健康な歯を早期に失うことを防ぐために、病気の原因を取り除けるようなセルフケア(歯磨きなど)の支援とプロフェッショナルケア(専門的口腔清掃)を継続して行っています。
ハンドピース
定期的な検診がむし歯・歯周病を予防します
毎日の歯磨きがむし歯を予防する最良の手段ですが、全ての人が完全な歯磨きができるわけではありません。磨き残しがどうしてもでき、そこからむし歯になることもあります。また、毎日の歯磨きだけでは歯周病を防ぐことができません。歯周病予防には医院での歯石除去が有効です。来院されるペースは患者さんによって違いますが、3~4か月に1回が目安になります。
毎日の歯磨きと医院での定期的な健診により、生涯ご自分の歯を保つ事が可能になります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。