健康、生活 › 歯に関わる病気のいちばんの問題点は、「後戻りができない」ということにあります

2018年11月20日

歯に関わる病気のいちばんの問題点は、「後戻りができない」ということにあります

北欧では急速にむし歯・歯周病が減少しています。アメリカの富裕層の間でも同じことが起きています。
これは、最先端の予防技術を駆使し、制度的にも予防を受けやすくする事の大きな成果です。振り返って我日本ではどうでしょう?技術も制度も充分とは言えないのではないでしょうか。 私は、すべての歯科治療は予防なしでは成り立たないと感じています。どんな一般的な治療法でも、最先端のインプラント治療でも同じだと思っています。だから、予防歯科が歯科治療法の1つではなく、すべての歯科治療法の土台にあるものだと考えています。崩れない土台があって初めて良い治療ができ、長く良い状態を維持できるのです。
超音波スケーラー
歯に関わる病気のいちばんの問題点は、「後戻りができない」ということにあります。
一度むし歯になってしまった歯が、“元どおりに治る(元に戻る)”ことはありません。
歯周病も同様で、「完治する」ということ難しいです。では、「むし歯治療が嫌い」という方が、むし歯にならないように日常努力をされているのでしょうか?残念ながら、「ノー」という方がほとんどだと思います。痛くなって初めて歯科医院を受診されます。

しかし、その時点ではすでに治療の選択肢が限られている場合もあります。だからこそ、予防が最も大切なのです。むし歯治療が必要となった場合でも、当院ではできるだけ最小限の治療を心掛けています。なぜなら、長期の経過を見ると、大きく削った歯は、その後にトラブルを抱えるケースが多いからです。いずれにしろ、どんなに良い治療を行ったとしても治療を行っていない天然歯に勝ることはありません。むし歯を未然に防ぎ、治療の必要がない状態を維持することがもっとも重要なことは明らかです。
エアーモーター
予防歯科の流れ
虫歯のなりやすさ、歯周病のなりやすさ。これはひとによって、異なります。ただ、歯ブラシをがんばっても、効果は半減してしまいます。あなたにとって、なにが原因で虫歯になったのでしょうか?歯周病になったのは、なぜなのでしょうか?
人によって虫歯、歯周病になりやすいリスクは違います。それを調べることにより、予防方法は変わります。
1唾液検査:唾液の量の測定、唾液の中和する力の測定、虫歯の原因菌の検査
2磨き残しの状態の把握、プラークコントロールの方法の確認
3生活習慣の確認
4口の中の悪い菌の除去
以上のことを行います。回数は4回からです。お口の状況により、回数は異なります。
歯の治療をきちんと行っても、病気の原因がわかっていないと、ムシ歯や歯周病は再発します。そのために、治療の前に予防を行うのです。予防が治療の第1歩です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。