健康、生活 › PMTCの生みの親「アクセルソン博士」の考えをもとにした根拠のある予防を

2018年11月27日

PMTCの生みの親「アクセルソン博士」の考えをもとにした根拠のある予防を

予防歯科先進国である北欧スウェーデンの調査では、国民の約9割が歯科の定期検診を受けており、70歳時点の平均残存歯数が20本でした。一方、定期検診の受診率が2%と低い日本では、70歳時点での平均残存歯数は8本。この衝撃的な結果はデンタルケアに対する意識の違い、習慣の違いがあるからと言わざるをえません。そこで注目を集めているのがスウェーデン式予防法。今からでも予防ケアを行うことで、口腔内環境の悪化を防いで健康を保つことができます。
歯科用 ダイヤモンドバー
以前のスウェーデンは、虫歯大国と呼ばれている日本よりも虫歯の子供が多い国でした。しかし、国全体で虫歯予防に取り組んだ結果、日本の10分の1以下まで虫歯を減らすことに成功。その実績から日本でもスウェーデン式予防法が注目されています。スウェーデンで虫歯や歯周病が少ない理由の一つとして、PMTCの普及が挙げられます。PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、歯科医師や歯科衛生士などのプロが専用の機械を使って行う歯のお掃除。スウェーデンでは、子供でほぼ100%、大人で80%が定期的にPMTCを受け、劇的に虫歯や歯周病が減ったというデータもあります。

PMTCの生みの親「アクセルソン博士」の考えをもとにした根拠のある予防を
PMTCの生みの親である「アクセルソン博士」の研究では、PMTCを続けた人とそうでない人の虫歯発生率は4年で約15倍、6年では70倍になるという結果が出ています。また、PMTCを定期的に30年続けた方が失った歯は、年齢を問わず平均0.6本だったというデータもあります。この研究結果からPMTCの予防効果の高さが科学的にも実証されています。
歯科 ユニット
特にブラッシングでは汚れを落とすことができない、奥歯のような虫歯リスクの高い歯を徹底的にクリーニングすることの重要性をアクセルソン博士は伝えています。そしてPMTCを正しく活用することで、虫歯や歯周病のない世界が実現できると提唱しています。
そのほか、キシリトールの虫歯予防効果を発見したフィンランドのマキネン教授は、キシリトールを使った初期段階の予防の重要性を唱えています。

特に母子感染を予防するため、乳幼児からのキシリトールを使った予防の有効性を語っています。そのほかにも歯周病の権威であるリンネ教授の教えなど、当院では化学的根拠のある予防を実践しながら、患者様一人ひとりの健康なお口をお守りしています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。