健康、生活 › 「口が開かない」「顎が痛い」原因も歯にあるかもしれません。

2018年11月28日

「口が開かない」「顎が痛い」原因も歯にあるかもしれません。

「痛くなったら歯医者さんに行って治す」というスタイルです。しかし歯が痛んでから治療をスタートさせる、という考え方では、お口の中がかなり悪い状態になるまで放置しておくことになりかねません。そこで「いわた歯科クリニック」では、これからの歯科医療は“予防”を中心におこなうべきだと考えています。「むし歯や歯周病にならないために、歯医者さんに通う」。
歯科 スケーラー
この考え方が広まれば、歯の痛みや不具合そのものだけでなく、“つらい治療を受けなければいけない”というストレスからも解放される人が多くなるはず。定期的に歯の健康診断やクリーニング、正しいブラッシングの確認などをしていただくことで、治療後の良い状態も長く維持できることになります。歯医者さんと上手にお付き合いしながら、生涯にわたってしっかりおいしく食事ができる健康な毎日を手に入れましょう。

「口が開かない」「顎が痛い」原因も歯にあるかもしれません。
口の中だけでなく、顎や顔面に現れる疾患の診療をおこなうのが「口腔外科」。たとえば「口が大きく開かない」「食事の際に、顎に痛みや違和感がある」「うまく発音できない」などの悩みがある方には、口腔外科での受診をおすすめします。口や顎の動きには、顎関節・周辺の筋肉・歯の咬み合わせなどが大きく関わっているもの。

「歯科クリニック」では、これらが原因となっている不具合に対して、歯・筋肉・関節のバランスを整えながら、快適で自然な口・顎の動きを取り戻せる治療を進めていきます。一方、口腔疾患には他の様々な要因もありますので、入院・高度な外科治療などが必要と判断される場合には、地域の病院と連携した治療プログラムをご提案いたします。
生体情報モニター
天然歯に近い感覚で、しっかり噛める新しい治療法。
「インプラント」は、むし歯や事故などで歯を失ってしまった時に、有効とされる新しい治療法。むかしは失ってしまった歯の両隣に「ブリッジ」を架けたり、「部分入れ歯」を用いたりしていましたが、それよりも天然歯に近い感覚があり、しっかりと“噛む力”を取り戻せることから、「インプラント」が注目を浴びるようになりました。

治療の流れとしては、まず、歯を失った場所に土台となる「人工歯根」を埋めます。その土台がしっかり固定されたら、人工の歯を接合して完成です。インプラントをおこなう場所やお口の状態によって、かかる費用や日数が異なってきますので、まずは一度ご相談ください。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。