健康、生活 › 予防プログラムをご提案するためには欠かせない検査です。

2018年11月29日

予防プログラムをご提案するためには欠かせない検査です。

唾液検査
患者さん1人1人の虫歯のリスク(どのくらい虫歯になりやすいか)を調べるテストです。ガムを噛んでいただき、出てきた唾液の量をはかったり、試験紙を使用して中和能力(お口の中を酸性から中性に戻す力)がどのくらいあるかをテストします。また唾液に含まれる虫歯菌の量を調べることができるため、予防プログラムをご提案するためには欠かせない検査です。
抜歯 器具
お口の中全体の精密な検査
デジタルカメラでのカラー写真やお顔の写真撮影、レントゲン撮影、歯周基本検査(歯周ポケットの深さや出血する箇所の確認)、歯の染め出しを行い普段の磨き残しがどれくらいあるかを調べる検査をします。全ての患者さんのデータは毎回規格性を持って記録し、管理しています。

お口の中の環境改善(歯石や細菌除去)
虫歯などの治療が必要な患者さんも、原因菌がたくさんいる環境を変えなければ「悪くなって削って詰める」治療の繰り返しになってしまいます。そこでまず原因となっている歯周病菌、プラークを除去します。術者磨き(プロが歯ブラシを使って磨くこと)や歯石の除去(歯茎の中までしっかり)をし、徹底的に菌を取り除きます。
マイクロスコープ 歯科
ホームケア・ブラッシング・食生活指導
お口の中の環境や生活習慣などは人それぞれです。1人1人に適した歯ブラシの正しい使い方をお伝えしたり、歯ブラシやフロス、歯磨剤などあなたにあった清掃器具を選んだりします。また、虫歯や歯周病の原因となる食習慣についても問診し、改善点をご提案します。

セルフケアとプロフェッショナルケア
虫歯をきちんと予防して健康な歯を維持するには、セルフケアとプロフェッショナルケアの両方が欠かせません。日々のセルフケア(自分で毎日、歯や口の中をきれいに清掃すること)で、虫歯になりにくい環境作りを維持することが重要です。 そして、歯科医院において3~6ヶ月毎に定期健診を受け、虫歯リスクの判定やブラッシングの指導など、一人ひとりに合った適切な指導を受けることが必要となります。プロフェッショナルケア(専門的歯面清掃や歯石除去)も欠かせません。当院では、人それぞれに異なる虫歯になりやすい環境(歯並びや生活習慣など)とリスクをきちんと見極め、ひとりひとりにあった虫歯予防をさまざまな角度から提案しています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。