健康、生活 › プロのケア( PMTC )でも、「歯を白く」することができます........!

2018年11月30日

プロのケア( PMTC )でも、「歯を白く」することができます........!

現在、日本人の多くが80歳のときに残っている自分の歯の数は14本といわれています。親知らずを含めない標準的な成人の歯の数は28本ですから、半数の歯が失われていることになります。半分自分の歯がないということは、入れ歯などに頼っているということになります。しかし、欧米では同じ80歳でも20本以上自分の歯が残っているといわれています。これは日本人の「むし歯ができたから歯医者へ行く」という歯医者への考え方の違いによるものなのです。
ハンドピース
予防することの大切さ
歯科へはいつ、どうなった時に来られますか?
痛くなったら・・・・という方がほとんどだと思いますが、予防の為に来ていただくのが歯にとっては一番良いのです。定期的に予防歯科を受診していただくことで、歯を削ったり 手術をしたりという精神的・経済的負担を回避することができます。また、もし虫歯や歯周病になっていたとしても早期に発見できれば、最小限の治療ですみます。

ご存知ですか? 歯ブラシで「汚れが落ちない部分」があることを!
プラークコントロール(歯の汚れの除去)には..........
ご自身が歯ブラシやデンタルフロスで行うセルフケアとプロが機械的に歯面清掃を行う 『 PMTC 』とがあり、その両方をバランス良く取入れて行くいくことが大切です。

「ムシ歯」や「歯周病」から歯をしっかり守っていくためには......!
歯の「表面」や「歯周ポケット」に、プラークから成熟して出来た強固な細菌のかたまり (バイオフィルム)をプロの手(PMTC)で定期的にクリーニングして取り去っていくことが口腔健康の 「維持」にはとても重要な要素となります。

この細菌のかたまり(バイオフィルム)は........
歯の表面に「強力に付着する」ため、ご自身が行う「歯ブラシ」程度では、いくら丁寧に、 どんなに力を入れて、磨いても、完全に取り去ることは不可能とされています。
この細菌は、長期間放置されると、歯周病や虫歯を増悪させるため、定期的に除去することが、 お口の健康につながります。
口腔内カメラ
プロのケア( PMTC )でも、「歯を白く」することができます........!
プロのクリーニング(PMTC)で.............歯の表面の汚れである「タバコのヤニ」や「茶渋」 などを落とし、ご自身が持っていた本来の光沢ある歯面に回復させます。
この方法は、ホワイトニング材で白くする「ホワイトニング」とは異なります。あくまでも、 ご自身が生まれ持っていた「自然の歯」の色に、クリーニングをして戻していくナチュラルな白さの方向です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。