健康、生活 › 歯みがきをしてもらった後、特殊な薬品を使ってプラークの染め出しを行います

2018年12月04日

歯みがきをしてもらった後、特殊な薬品を使ってプラークの染め出しを行います

生まれたときには人のお口の中には歯周病菌は存在しません。
しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今お口の中にいるかというと、人からうつされているのです、今も家族の間でうつしあっている状態にあるかもしれません。回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。菌が再びお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発生する可能性が出てくるということになります。特に危険なのは性感染です。せっかく歯周病を治してもパートナーからうつされたのでは意味がありません。パートナーの方と同時に治療なさることをおすすめします。

毎日の歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。カビ菌が増えすぎると歯ぐきが腫れるなど、悪い影響が出てきます。また、カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認しカビ菌が増えすぎないように専用の器具を用いてクリーニングを行う必要があります。
歯科用エアーコンプレッサー
スケーリング
スケーリングとはスケーラーという器具を使用して、外に見えている歯と歯肉の中に埋まっている歯の部分からプラーク(歯垢)や歯石を取り除くことです。
スケーリング終了後に歯垢によって汚染されたものを綺麗にし、滑沢な面に仕上げることをルートプレーニングといいます。
PMTC
PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略であり、専門家による歯面清掃のことをPMTCといいます。特殊な機械等を使って、通常のブラッシングではとれない歯に付いた汚れや歯石などを取り、ブラッシング指導をします。
歯みがきをしてもらった後、特殊な薬品を使ってプラークの染め出しを行います。
この後にみがき残しがある箇所のブラッシング指導を行いながらきれいにプラークを除去します。
特殊な機械を使って、歯の表面や歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目を清掃します。
歯と歯ぐきの境目や、ポケット(歯と歯ぐきの隙間)に付着した歯石を取ります(スケーリング)。
マイクロスコープ 歯科
PMTCは何がいい?
機械での清掃は痛みもなく、歯に付いた汚れも驚くほどきれいにとれます。 また、PMTC後は歯垢もつきにくくなります。
定期的にPMTCを行うことにより、お口の健康を維持することをお勧めしております。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。