健康、生活 › 歯周病をそのままにしておくと、歯肉の中に歯周病菌や炎症の生産成分が侵入します

2018年12月05日

歯周病をそのままにしておくと、歯肉の中に歯周病菌や炎症の生産成分が侵入します

歯ぐきからの出血、口臭、歯がぐらぐらするなどが気になったら、歯周病を疑ってください。
歯周病は、痛みが無く、上記のような症状が静かに進行するとっても厄介な、そして恐ろしい病気です。歯周病の原因は、歯周病菌による感染症です。歯周病の治療には、抗生物質を使用して菌の数を減らした上で歯石を取ったり、歯磨きに気をつけたり、食事の習慣を見直したりといろいろな方面からのアプローチが大切です。まず原因菌である歯周病菌を除去しないことには口の中の状態は、なかなか良くなりません。菌を除去、衰退させるには、抗生物質が効果的です。(それでも完全に菌を除去することはできません。)
生体情報モニタ
歯周病が他の病気の原因になる可能性
歯周病をそのままにしておくと、歯肉の中に歯周病菌や炎症の生産成分が侵入します。さらに血管の中にまで入り込んで身体中に到達し、身体のあちこちに悪影響を与えると考えられています。

心臓病、脳卒中、糖尿病の悪化、気管支炎、肺炎などとの関連性が指摘されており、お口の健康状態が全身の健康に多くの影響を与えているのです。また最近では、妊娠中の歯周病は低体重出産や早産の可能性も指摘されており、注意が必要です。
もし、歯周病が気になりだしたら早めにご相談ください。

「プロのクリーニング」の重要性
デンタルフォレストでは、歯科医院での定期的なお口のメンテナンスをお勧めしています。定期的なお口のメンテナンスでは、歯科衛生士による「プロのクリーニング」 を行います。 日ごろの磨き残しを取り除き、お口を清潔な状態にします。また、これがとても大事なことなのですが、定期的にメンテナンスを受けることで、皆さん自身が、お口を健康な状態に保とうと、自分の歯に関心を持ち意識を高めることができます。

万一、悪いところが見つかった場合も、早期の発見・早期の対処により通院にかかる時間、費用、精神的な負担は、悪くなって初めて通うよりもずっと少なくすることができます。皆さんにも、歯科医院を「定期的なメンテナンスに行くところ、予防をするために行くところ」と考えていただけたら、と思います。そしてそのために当院をご活用いただけたら嬉しいです。患者さまのお口の中の環境をよい状態に維持できるようスタッフ全員でお手伝いさせていただきます。
ダイヤモンドバー
歯周病は「静かな病気」といわれます。どういうことかと言うと歯周病は自覚症状がほとんどないまま、あなたの知らない間にどんどん病気が進行します。気が付いたらかなり症状が悪化していて最悪の場合、歯を抜かなくてはなりません。日ごろから歯周病に気をつけていただければ、こまめに歯科医院で歯周病に対する治療を受けていただけて、悪くなりそうな箇所は早期に治せます。その結果としてお口の病気の予防につながるのです。
ですから、今「予防歯科」が歯科治療の主流になっていますが、それは、歯周病治療をしっかり行うことにつながるのです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。