健康、生活 › 歯磨きをすることは健康な生活を送る上で、とても大切なことです

2019年01月02日

歯磨きをすることは健康な生活を送る上で、とても大切なことです

虫歯になる原因は人によって様々です。毎日歯を磨いていても虫歯になる方もいますが、歯を磨かなくても虫歯にならない方もいます。虫歯になりにくい歯、健康な歯を作るにはフッ素を使用することも効果的ですが、毎日の歯ブラシはもちろん、歯ブラシの選択や食生活などにも注意することが大切です。健康な歯を保つためにも虫歯予防をしっかりと行いましょう。
歯周病予防
電気歯髄診断器
バイオフィルム除去
歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に歯ブラシでは落とすことが難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れを「バイオフィルム」といいます。バイオフィルムにはバイ菌が棲み付き放っておくと、虫歯や歯周病、口臭、全身の様々な病気の原因となります。

ブラッシング
歯磨きをすることは健康な生活を送る上で、とても大切なことです。しかしただ単に磨くのではなく、きちんとしたブラッシングを行なう必要があります。力強くゴシゴシとブラッシングをしてしまうと歯ぐきが腫れてしまいます。正しいブラッシング方法を習得し、ご家庭での虫歯予防ができるように当院では、正しいブラッシング方法を丁寧にご指導しております。
歯医者さんで歯のクリーニング

PMTCとは毎日行う歯磨きでは落とすことの難しい汚れを、歯科衛生士が専用機器を使ってクリーニングすることです。歯石除去の時のような刺激などもありません。
エアーモーター
定期検診の重要性
日本人の70歳時の平均残存歯数は、他の先進国と比べても極めて低く、残念ながらたった8本といった結果が出ています(予防歯科先進国のスウェーデンでは20本)。日本においては「年を取ったら歯は悪くなって当たり前」といった感覚が、未だに強く根付いている証拠なのかもしれません。しかしそのまた一方で、多く自分の歯を残している人がいるのも事実です。その違いは一体何なのでしょうか?調べてみると、定期検診を「受けている」のか「受けていない」のかの違いだということが解ってきました。

1~2ヶ月に1回、定期的に歯科医院で予防歯科のためのメンテナンスを受ける事により、残存歯数が飛躍的に伸びるのです。悪くもないのに歯医者に通う。これは一見不必要で面倒なことのようですが、その価値を知りその気持ちよさを経験した人にとっては、生活の一部・習慣と成り得えます。自分の歯を自分で守る正しい習慣をぜひ身に付けましょう!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。