健康、生活 › 過去に治療した銀歯をなくしたい

2019年01月11日

過去に治療した銀歯をなくしたい

審美歯科とは、本来の自然な歯のような白さや機能を回復するための歯科治療です。
セラミックを使用したかぶせものや詰め物の材質により、天然歯に近い状態に回復することも出来ます。特に保険適用外のかぶせものや詰め物の中には、天然歯とほとんどかわらない物もあり、ご予算や症状により様々な種類があります。治療の際には患者様の状態にあわせ適切なものを、ご提案しております。ぜひお気軽にご相談くださいませ。また、下記では各種審美歯科の特徴を解説しております。

過去に治療した銀歯をなくしたい
かつて虫歯治療の際に使用される補綴物として一般的であった、いわゆる「銀歯」ですが、 実は金属を使った補綴は、既に過去の治療方法となっている国が多いのです。 昨今、最も世界的に支持されている一般的な補綴素材は「セラミック」です。変色・変形、劣化が少なく、虫歯の再発や、アレルギー発症のリスクが少ない素材である「セラミック」は、その審美的な美しさだけでなく、機能性にも優れた最先端で高品質の歯科治療なのです。
ストレートハンドピース
セラミック治療とは
虫歯などで歯を削って治療をする場合、最終的に何か詰めたり被せなければなりません。健康保険適応の材料では金属やレジン(アクリル樹脂に近い素材)、ガラス系のセメントぐらいしかありません。保険の材料が悪いわけではありませんが、耐久性や色調に満足頂けない場合があります。セラミック材料は10年ほど、口の中にあっても表面の劣化や変色がほとんどみられない、とても安定した材料です。一昔前はよく破折したり欠けたりする弱点がありましたが、現在は、e-max,ジルコニアといっためったに割れない材料で治療しております。

セレックを使ったセラミック治療
セレックの大きな特徴は短時間でセラミック治療が完了することです。従来の治療では歯を削った後完成までに約一週間お時間をいただいていましたので時間の大幅な節約が可能になりました。また完成したセラミックの精度も歯科技工士が作るものと同じくらいかそれ以上ですので安心してお使いいただけます。ジルコニアセラミック、メタルセラミックには対応できないため微妙な色調や質感を表現したい場合は型取りを行い歯科技工士に製作していただきます。治療時間は2時間を目安にしていますが、例として午前に治療で30分~60分、午後にセラミック装着で30分~60分という時間を区切る治療スタイルも可能です。
歯科 ユニット
オールセラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ているものです。金属類を使用するメタルボンドと違って、光を透すセラミック材料(陶器材料)だけで出来ているので、天然の歯に近い透明感ある仕上がりとなり、見た目の気になる前歯に適しています。また、金属類を使用しないので、体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を行うことができます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ