健康、生活 › 自然の歯に近いまたは自然の歯よりも美しさが得られます。

2019年01月11日

自然の歯に近いまたは自然の歯よりも美しさが得られます。

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。つまり審美歯科治療は一般歯科の技術の他に、歯科医師のデザイン力やカウンセリング力、豊富な臨床経験が必要となる治療分野といえます。
ダイヤモンドバー
オールセラミック(ジルコニア)
従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるオールセラミック(ジルコニア)を使用することにより、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。
オールセラミックにもいくつかの種類がありますが、当院のジルコニアは最も強度の高い最新で最高級の材質を使用しておりますので前歯だけでなく奥歯においても充分な耐久性を備えています。

身体に優しい素材で、金属アレルギーの心配がありません。
セラミックは、耐久性と強度に優れた陶材です。
※オールセラミックの場合、金属でないため、金属アレルギーの心配がありません。
自然の歯に近いまたは自然の歯よりも美しさが得られます。
光の透過性に優れたオールセラミックは、治療した歯の透明感のある美しさを実現できます。
将来的にも、金属の溶出による歯茎に変色などの心配がございません。
特に見た目の気になる前歯の治療に適しております。
※オールセラミック治療の場合、裏側まですべてセラミックを用いるため、驚くほど自然に仕上がります。
人体への安全性の高い素材です。
人体に対する安全性(生体親和性)が高いこともセラミックの特徴で、整形外科領域では人工関節の材料として活用されています。
プラークが付きにくい。
表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。
歯科 鉗子
ホワイトニングとは、歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法です。口元の美しさは第一印象を大きく左右します。
美しい歯の輝きを取り戻せば、あなたの笑顔もより魅力的になることでしょう。

歯を削らない
ホワイトニングは、歯科専用のホワイトニングジェルを塗布する処置で行います。
歯を削る、抜く等が必要ないため、痛みがありません。

歯への負担や副作用がない
使用するホワイトニングジェルは、多くの歯科医師会や大学、研究機関等で安全性が認められたものです。副作用等の心配が殆どありません。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ