健康、生活 › 「銀歯が気になる」「差し歯が変色してきた」という方へ~審美歯科

2019年01月14日

「銀歯が気になる」「差し歯が変色してきた」という方へ~審美歯科

メタルボンド
金属でできた「被せ物」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。
金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さんがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"セトモノ"でできているため、メタルボンドに比べると割れやすい)。
また、セラミックは細菌が付着しにくい材質であるため、本来の歯よりも汚れが付着しにくいという特徴もあります。
<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない
<メタルボンドのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
歯科レントゲン
セラミックインレー「セラミックインレー」とは、セラミック製のインレー(詰め物)を使用した治療法です。
従来の金属の詰め物では、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、白くて透明感のあるセラミックを金属の代わりにつめることで、それらの問題をクリアすることができました。
<セラミックインレーのメリット>
・自然な白さがあり、質感・強度ともに問題ない
・金属アレルギーの方も安心して利用できる
<セラミックインレーのデメリット>
・すり減りやすい
(これはメリットでもあります。強度が強すぎると、噛み合う歯を傷つけてしまうからです)
・保険外治療のため、値段が高い

ハイブリッドクラウン
金属のフレームにプラスチックとセラミックの混ぜ物を貼り付けたものです。 プラスチックが混ざっているためリーズナブルにできますが多少の変色と色褪せがあり、透明感はセラミックにおとります。 主に奥歯に使用します。
 マイクロモーター
ハイブリッドインレー
プラスチックとセラミックの混ぜ物で作った詰め物です。 セラミックよりもやわらかく周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。 多少、色調はセラミックよりは劣り、経年的に変色もみられます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ