健康、生活 › 過去に金属を使った補綴物を入れて、見た目にお悩みのある方

2019年01月14日

過去に金属を使った補綴物を入れて、見た目にお悩みのある方

審美歯科とは、歯並びが悪い、歯や歯肉の色が気になる、などといった美的な問題を解決し、美しい口元をもたらす歯科治療です。
一般歯科で出来る治療を終わらせた上で、口元の問題点を解消し、美しい口元に整えます。口元がきれいになったことで笑顔に自信が持てるようになり、性格まで明るくなったと語る患者様も多いものです。

オールセラミック
補綴物(ほてつぶつ:詰めものや被せもの)の素材にはいくつかの種類があり、その中の一つに「オールセラミック」があります。 オールセラミックは、すべてセラミックから成ります。 補綴物のなかには金属を使ったものもありますが、これには一切使われておらず、自分の歯のような透明感があります。金属を使った補綴物の場合、歯ぐきが痩せると金属部分が見えてしまったり、金属イオンの作用によって歯ぐきが黒ずんだりすることがありますが、オールセラミックでは、こうした心配がありません。 また、補綴物のなかで最も透明度が高いことから、前歯のように見た目を重視したい歯の治療に適しています。
マラソン マイクロモーター
オールセラミック治療はこんな方にお勧めです
前歯の形や歯並びを整えたい方
過去に金属を使った補綴物を入れて、見た目にお悩みのある方
歯髄(歯の中の神経)を取ったものの、クラウン(被せもの)で覆っておらず、歯が変色してきた方
金属アレルギーの方

ラミネートベニア治療
ラミネートベニア治療とは、歯の表面を薄く削り、オールセラミックやハイブリッドセラミックスで出来たつけ爪のような薄片を貼り付け、見た目を白くしたり、歯のすき間をなくしたり、欠損部分をカバーする治療のことです。 セラミッククラウンを被せる治療に比べ、天然歯を削る量の少ないのが特徴です。

ラミネートベニア治療はこんな方にお勧めです
前歯の歯並びが比較的良い方
ホワイトニングで満足のいく結果が得られなかった方
歯と歯のすき間をなくしたい方
歯科 コントラ
歯肉退色のホワイトニング
歯肉が黒ずむ原因のうち、なんと言っても多いのは、メラニン色素の沈着です。皮膚が日焼けで黒くなるのは、紫外線から皮膚を守ろうとしてメラニン色素が分泌されるためですが、歯肉も同様で、タバコの煙などの刺激から守るために、メラニン色素が生成されて黒ずんできます。メラニン色素は歯肉の浅い部分に沈着しているので、薬品を塗布する「歯肉ホワイトニング」でピンク色の歯肉を取り戻すことが出来ます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。