健康、生活 › メタルフリーとは、銀歯などの金属を使わず、セラミックやジルコニアなどの素材を使って治療をすることです

2019年01月29日

メタルフリーとは、銀歯などの金属を使わず、セラミックやジルコニアなどの素材を使って治療をすることです

むし歯や歯周病などの一般的な歯科治療だけでなく、より美しく健康な歯や歯肉を得る美しい口元を作ることを目的とした歯科治療です。むし歯治療で入れた銀歯の見た目が気になる、歯を白くしたい、歯茎の色が黒ずんでいるのが気になる、といったお悩みを解決に導くために患者さんの状態に応じて最適な治療法を選択します。現在の日本の保険制度は「機能回復」に目的を置いているため、むし歯や歯周病などの一般的な歯科治療は保険が効きます。それに対して審美歯科は「見た目のキレイさ」に目的を置いているため、保険がきかない治療があります。限りなく天然歯に近い白さが再現できる詰め物や被せ物を入れる治療を審美補綴といいます。審美補綴で使用する詰め物や被せ物は、セラミックやジルコニア(人工ダイヤモンド)を使用するため、金属アレルギーがあって銀歯を使用することができない患者さんのむし歯の治療にも活躍します。
歯科用バイブレーター
インレー治療
インレーとは、詰め物のことです。インレーには、保険適用の金属製のものと適用外のセラミック製のものがあります。インレー治療は主に臼歯の治療に行います。小~中程度のむし歯になってしまったところを除去し、そこにインレーを入れることによって治療する方法です。見た目を気にされる方は、セラミック製のものやジルコニア製のもので出来たインレーがお勧めです。
クラウン治療
クラウンとは、被せ物のことです。クラウンには、保険適用の金属製のものと適用外のセラミック製のものやジルコニア製のものがあります。むし歯などの歯の全体を削り、人工的に作った歯を上からかぶせていきます。土台となるご自身の歯が強度的に不安な場合は、土台から作っていきます。見た目を気にされる方は、セラミック製のものやジルコニア製のもので出来たクラウンがお勧めですが、選択肢がいくつかございますのでお好みで選ぶことができます。
歯科 コントラ
メタルフリー治療
メタルフリーとは、銀歯などの金属を使わず、セラミックやジルコニアなどの素材を使って治療をすることです。特徴としては、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けていただくことができます。セラミックは生体親和性が高く、金属よりも天然歯に近い白く自然な仕上がりを得られ、金属イオン・金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみも解消されます。 審美性、機能性、生体親和性に優れた治療をご希望の方は、セラミックを使用したメタルフリーの治療がお勧めです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。