健康、生活 › 日本ではまだ、予防のために歯医者に通院するという習慣があまりありません

2019年01月31日

日本ではまだ、予防のために歯医者に通院するという習慣があまりありません

しかし、欧米諸国では「予防歯科」は非常に当たり前の事。なぜなら、虫歯や歯周病が風邪のように薬を飲んで治るものではない事を、欧米人はわかっているからなのです。
確かに虫歯や歯周病も風邪と同じように治療すれば治ります。ですが、多かれ少なかれ歯はダメージを受けています。つまり、歯の病気を治療しても完全に元の状態には戻らないのです。
 コントラアングル
人工のものでいくら補っても、天然歯に勝るものはありません。特に虫歯や歯周病はなり始めの頃は自覚症状を感じにくい病気なので、予防する習慣を付けましょう。自分では発見できない早期の症状のうちに手を打つためにも、「痛くなる前」に予防歯科へ通いPMTCなどを受ける事は、とても大切なのです。
 
プロによるクリーニング~PMTC~ 
「PMTC」とは、プロ(Professional)が専用の器械(Mechanical)で歯(Tooth)をクリーニング(Cleaning)する措置です。普段のブラッシングでは落としきれない、歯にこびり付いたプラーク(歯垢)や虫歯の原因バイオフィルム、また茶渋やタバコのヤニによる着色などを、医師や歯科衛生士が徹底的に除去し、表面をツルツルに磨き上げます。
 
PMTCの効果
・歯質を丈夫に!
着色を除去したあと、歯の再石灰化を促すフッ素入りペーストで研磨します。さらに仕上げのフッ素を塗布することで歯のエナメル質が強くなり、歯質が丈夫になります。
 
・虫歯を予防!
虫歯の原因となるプラークや歯石、バイオフィルムを除去し、また表面をツルツルに磨き上げることでプラークを再付着させにくくします。
 歯科 マイクロスコープ
・歯周病の改善と予防に!
歯面だけでなく、歯ぐきの内側のプラークまで除去するため、歯周病の症状が改善されます。またPMTCを繰り返すことで歯ぐきがひきしまり、歯周病予防にもつながります。
 
・生活習慣病の予防に!
歯周病が全身の疾患に関係することがわかってきています。歯周病予防は、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防にもつながります。
 
・歯を美しく!
歯に沈着した色素が取り除かれ、自然な歯の白さを取り戻せます。また歯の表面を磨き上げることで、汚れが再付着しにくくなります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。