健康、生活 › 「毎日ちゃんと歯をみがいてるから、そんな事教えてもらわなくても良い」

2019年02月11日

「毎日ちゃんと歯をみがいてるから、そんな事教えてもらわなくても良い」

歯茎から出血したり、歯がグラグラしている場合は、歯周病の疑いがあります。国民のほとんどが罹患する可能性の高い、国民的文明疾患であり、生活習慣由来のものです。歯ブラシのみの予防法では、進行が止まらなくなりつつあります。理由を考え、対策を立てるのが一番です。

歯周病の大きな原因はプラークと呼ばれる歯垢です。
歯垢はむし歯、歯周病の原因となる微生物のかたまりで、1mgあたりに約1億個の微生物が活動をしています。歯垢が石灰化した歯石も歯周病の原因のひとつで、歯石はブラッシングだけで取り除くことはできません。またタバコも歯周病の原因の一つです。タバコを吸うと血液の循環が悪くなり、歯茎の再生能力が弱くなるため歯周病が進行してしまいます。歯周病は歯周ポケットと呼ばれる歯肉の下に隠れて増殖していくこともあり、なかなか自覚症状の出にくい病気です。
超音波骨切削器
「毎日ちゃんと歯をみがいてるから、そんな事教えてもらわなくても良い」
「今回は痛い所だけ治療してくれたら、それで良い」「そんなことより、とりあえず治療を先にして欲しい」という方もおられるとは思いますが、歯みがきが最も重要で最優先すべき「治療」なのです。ムシ歯や歯がしみる、ズキズキする、咬むと痛い、歯肉が腫れる、歯がぐらぐら動く、歯が欠けた、歯ぐきから血や膿が出る、口臭がするなど、歯のお悩みの原因のほとんどは、歯の表面につく白っぽいネバネバであるプラーク(歯垢)によるものなのです。これは単なる食べかすではなく、細菌の塊が苔のようにくっついたものなのです。 これがお口の殺菌作用を低下させたり、歯や骨を溶かす毒素を作り出し、それによって、ムシ歯や歯肉の炎症などの歯の疾患が起こるのです。それに、腫れてる歯肉や治療する歯の周りにプラークがついてると、症状が改善し難く、なかなか治りません。ですから、予防のためだけでなく治療のためにも、まずはプラークを取り除く必要があるのです。
超音波スケーラー販売
そして、このプラークを取り除く方法は、患者さまご自身の歯みがきが最も重要で効果的なのです。しかし、歯みがきでプラークを完全に取るのは難しいものです。プラークは、いわゆる「みがきにくい」場所、奥歯の溝や周り、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、治療で詰めた物やかぶせた物の周り、差し歯や義歯のつぎ目などの場所につきやすいのです。ですから、何気なく歯みがきをしていても、そういう場所にみがき残しがある場合が多いのです。今回の治療できっちり治すためにも、さらに今後のお口のトラブルを出来るだけ少なくするためにも、患者さまご自身でプラークを取り除けるようになって頂く必要があります。そのために効果的な歯みがきの仕方を覚えて頂きたいのです。また歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシという器具もしっかりとプラークを除去するためには必要ですので、それらの使い方も説明させて頂きたいと思います。特に歯周治療においては、お口の中の細菌を減らすことが重要です。今回いくら徹底的に取り除いて、きれいになっても、今後ホームケアを怠れば、またプラークがついてしまいますので、毎日の患者さまの歯みがきが、ご自分の歯を守るために最も大切なことなのです。私達は治療できっちり治した後、定期的な検診にてお口の中をきれいに保って頂いて、将来的な歯の不安を減らすお手伝いをさせて頂きたいと考えています。一緒に皆さまの大切な歯を守りましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。