健康、生活 › ホワイトニングによって歯が痛むということもありません。

2019年02月25日

ホワイトニングによって歯が痛むということもありません。

歯が黄色い、歯の色が気になるなど、歯の色に関するお悩みをお持ちの方もいらっしゃいませんか?
当院では、歯そのものの色を白くする「ホワイトニング」治療も行っております。
消毒薬と同じ成分である過酸化水素を使って、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解・漂白するというのが基本的なホワイトニングのメカニズムです。ホワイトニング直後は、一時的に冷たいものや温かいものがしみやすかったり、着色しやすくなりますが、時間が経つにつれて落ち着きます。
ユニファスト
ホワイトニングによって歯が痛むということもありません。
ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。どちらの治療法にもそれぞれメリット・デメリットがございます。患者様のライフスタイルやホワイトニングの目的に合わせ、治療法をお選びすることをおすすめ致します。

オフィスホワイトニング
歯科医院内で行うホワイトニングです。
しっかりと歯のクリーニングを行ってから処置いたしますので安心、安全です。オフィスホワイトニングでは、処置を行ったその日に効果を実感していただくことが出来るというメリットがありますが、その分、ホームホワイトニングと比べて色戻りが早いというデメリットもあります。
 
ホームホワイトニング
ご自宅で継続的に行うホワイトニングです。
ホワイトニング剤を入れるカスタムトレーを患者様の歯型に合わせてお作りし、自宅にて装着していただくことで徐々に歯を白くしていきます。忙しくてなかなか歯科医院へ足を運べない方におすすめする治療法です。一度カスタムトレーを作ればホワイトニング剤の追加だけでホワイトニングが継続できるため経済的です。オフィスホワイトニングと比べて白さが長持ちする分、白くなるまでに時間がかかります。

かぶせ物・冠などによる審美治療
■ラミネートベニア
歯の表面を最も美しくするセラミック治療です。歯を白くし、形や隙間なども整える治療法です。セラミック製の薄いプレートを貼り付けることで、歯を美しくでき、歯の内部まで色素が沈着していても、この方法で白くすることが可能です。
歯科器材
■セラミッククラウン
歯を白くし、形や隙間なども整える治療法です。歯を削る量はラミネートベニアより多いですが、適用できる範囲が広く、変色した歯はもちろんのこと、大きさの不揃いな歯、歯根部分だけしか残っていないような場合まで対応可能です。

■セラミックインレー
奥歯の銀歯が気になる方に最適な治療方法です。今まで詰めていた奥歯の金属をセラミックインレーに替えて、自信あふれる笑顔を取り戻す方が増えています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。