健康、生活 › 予防に対する意識をもって、自分の口腔内や歯、歯茎の状態を知るためにもメインテナンスの定期検診は有効です

2019年02月27日

予防に対する意識をもって、自分の口腔内や歯、歯茎の状態を知るためにもメインテナンスの定期検診は有効です

最近、TVやCM、雑誌等で多く取り上げられている「予防歯科」。
その言葉どおり、虫歯や歯周病からお口を未然に防ぐことをいいます。虫歯や歯周病等は、一度治療したからといって、永久に持つわけではありません。しかし、「悪くなったから治療に行く」の繰り返しでは、時間や費用がかかるだけでなく、歯自体を失ってしまうこともあります。大切なご自分の歯をいつまでも健康なまま残すために、「予防歯科」を心掛けましょう。
歯医者 マイクロスコープ
定期検診の大切さ
歯医者は痛い、怖い、という気持ちがあって、虫歯かな、と思ってもなかなか通院までに時間がかかってしまう方も多いと思います。虫歯になったら治療するために通う、ではなく、歯医者へは虫歯になる前の予防で定期的に通院することが、歯のためだけではなく、経済的にも心理的にも良いことです。予防に対する意識をもって、自分の口腔内や歯、歯茎の状態を知るためにもメインテナンスの定期検診は有効です。

歯は12歳で永久歯が生えそろったあとに生え変わることはなく、80歳ともいわれる生涯、ずっと使い続けるものです。自分の歯で食事して食べ物を噛みしめて味わう喜び、自分の歯で会話すること、を一生涯できるように、予防歯科に取り組みましょう。

唾液検査
ミュータンス菌やラクトバチカル菌などの虫歯の原因となる菌が、どれくらいお口の中にいるのかを調べる検査です。虫歯や歯周病になりやすいかが分かり、今後のメインテナンスの予防計画をたてる際の手がかりになります。
他にも虫歯菌が溶かした歯を修復する役割のある唾液量や、そのPHの値で、虫歯になりやすさの目安が分かります。
マイクロモーター 販売
ブラッシングの目的は〈歯垢〉を取り除くこと
虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎を引き起こす原因菌は歯垢(プラーク)にあります。歯垢は細菌のかたまりです。この歯垢を毎日の正しいブラッシングによって取り除いておかないと、健康な歯を維持することはできません。虫歯が原因で頭痛、肩こり、内臓疾患などを引き起こしたりすることもあります。集中力の低下にもつながり、仕事や勉強の能率も下がってしまいます。毎日をより快適にすごし、食べ物をおいしく食べるためにも、正しいブラッシングはとても大切です。

PMTCとは
虫歯や歯周病の原因の一つにプラ―ク(ネバネバしたお口の中の細菌のかたまり)があります。歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目、歯並びの悪いところのプラークは毎日きちんとブラッシングしていても完璧に落とすことは難しいです。そこで、自分自身でのブラッシングに加えて、診療室での定期的なお口の中のおそうじが必要なのです。それがP・M・T・C!! 



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。