健康、生活 › 歯周病は初期から中等度のものなら簡単に治療できます

2019年02月28日

歯周病は初期から中等度のものなら簡単に治療できます

「自分はまだまだそんな年じゃないし」「歯周病っておじさんの病気でしょ」こんな風に思っていませんか?
歯周病の一番怖い所は自覚症状が全くないことです。ですから、次のような症状のある方は、早急に歯科医院での検査を受けることをお勧めします。
・歯磨きすると出血する
・口の中が粘つく
・口臭がする
・固いものが噛みにくい
・歯が動く
・歯がのびてきた
歯周病は初期から中等度のものなら簡単に治療できます。しかし重度になるとそうはいきません。歯周病は早くからの予防が何よりも大切なのです。歯科 器材 通販
歯周病にはいくつかのリスクファクター(特定の病気を発症させる可能性の高い危険因子)があることが明らかになっています。歯周病菌に感染しているかどうか、細菌の量がどれくらいいるか、深い歯周ポケット、歯並び、歯ぎしり、口呼吸、さらには喫煙、ストレス、肥満や糖尿病、乱れた食生活などの生活習慣も間接的に歯周病を悪化させることが分かっています。
リスクファクターは人それぞれ。まずは自分のリスクファクターを知り、歯周病のリスクをコントロールすることが重要です。歯周病は基本的にはプラークコントロールを徹底することで予防できる病気です。ホームケアをしっかり行っていただくことはもちろん、ご自分で磨ききれない部分はプロの手での清掃が欠かせません。また、治療後も定期的に予防のための検査やクリーニングを受けていただくことが必須なのです。
予防にはメインテナンスが不可欠です
led光重合照射器
虫歯や歯周病の治療が終わってきれいなお口の中になったら、こんな風に思ったことはありませんか?
「やれやれ、やっと終わった。もう歯医者に来たくない」
お口の健康を取り戻した瞬間、それは予防のゴールではなくスタートラインなのです!これからも私たちスタッフが生涯に渡ってあなたのパートナーとなり、二人三脚で歯を守ります。
歯科医院で「メインテナンス」という言葉を聞かれたことはありますか?
メインテナンスと「歯科検診」という言葉を同じ意味だと思っておられる人が多いのですが、実はこの2つには明確な違いがあるのです。歯科検診は、治療すべきところがないか早期に発見し早期の治療を目的とするもの。一方、メインテナンスはお口や歯の健康を維持することを目的としています。
メインテナンスの内容として、定期的にお口の中の検査をしたり、生活環境や食生活の変化がないかなどの問診をし、お口の中が悪くなっていないか、また今後悪くなる要因がないかどうかをチェックします。また、セルフケアだけではとりきれない汚れ(細菌)をプロフェッショナルケアで定期的に除去することで、歯を病気から守りお口の健康を維持します。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。