健康、生活 › 歯周病に一番大切なのは早期発見と予防

2019年03月25日

歯周病に一番大切なのは早期発見と予防

歯を失う原因の60%以上が歯周病
歯周病は、歯の表面にプラーク(歯垢)がたまり、その中の歯周病菌が増殖することによって、歯を支える土台である歯周組織や骨を破壊します。歯ぐきや歯を支えている顎の骨などが破壊され、放っておくと最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうことがあります。
また、自覚症状がなく、自覚症状が出たときには相当進行している恐ろしい病気です。
パルスオキシメーター
歯周病と体への影響
歯周病は、口腔内に影響を及ぼすだけでなく、全身へも悪い影響を与えます。歯周病菌が血液を通じて体内に侵入すると、心筋梗塞や糖尿病といった全身疾患を悪化させるだけでなく引き起こす原因となることがあります。
妊娠中であれば早産のリスクが高まります。

歯周病に一番大切なのは早期発見と予防
●プラークコントロール
歯周病の直接の原因である『歯垢(プラーク)=細菌の塊』の増殖を抑え、歯周病を予防する方法です。
歯槽骨が溶かされてしまうまで症状が進行してしまうと、治療が非常に難しく、残念ながら治療の甲斐なく歯を失ってしまう可能性が高くなります。歯周病にならないようにできるだけ早い段階で予防することが非常に重要になってきます。歯周病の予防には、正しい歯みがきにより、直接原因である歯垢(プラーク)を除去し、増殖を抑えることが大切です。これがプラークコントロールです。

[プラークコントロールの基本ブラッシング]
歯周病予防の基本は正しい歯磨き(ブラッシング)です。歯磨きによってプラークコントロールがある程度可能です。1にも2にも正しい歯磨きが何よりも大切なのです。歯周病の原因である歯や歯の周りに付着した細菌、歯垢(プラーク)をできるだけご自身で取り除き、増殖を抑えてください。

[歯科医院では正しい歯磨きの指導をしています]
口の中、歯並びは一人ひとり違います、その人に適した歯磨きの仕方も一人ひとり異なるため、エバト歯科医院では、患者さんにあったブラッシング法や歯ブラシを提供させていただきます。特に毎日、または毎食後に歯磨きをしているにもかかわらずむし歯になりやすかったり、歯周病になってしまう方は、歯磨きの仕方に問題がある可能性が高いので、1度ご来院ください。
顕微鏡歯科
スケーリング&ルートプレーニング
歯磨き(プラークコントロール)では取り除けない歯石、歯垢(プラーク)を除去する方法です。歯垢(プラーク)は、時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない「歯石」になります。その歯石に歯垢(プラーク)が付着・増殖していくことで歯周病菌歯周病が進行してしまいます。また、歯周ポケットに溜まった歯垢(プラーク)、歯石は歯磨きでは取り除くことが難しくなります。歯石・歯垢(プラーク)を歯医者で除去してもらい、再び付着しづらくしてもらう治療法がスケーリング&ルートプレーニングです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。