健康、生活 › ご存じでしょうか? 歯が抜ける原因のほとんどは虫歯か歯周病です

2019年03月27日

ご存じでしょうか? 歯が抜ける原因のほとんどは虫歯か歯周病です

「歯科医院には歯は悪くなってから行けばよい」と考えていませんか?しかし、それはもはや一昔前の考え方。
虫歯や歯周病にならないように。また痛くなったところを治し、しっかり噛めるようにした後はその状態を維持していくことが大事です。治療した場所は残念ながら虫歯や歯周病になり易い場所です。再度悪くならないように今は「健康な状態を保つために歯科医院へ行く」ことが、予防歯科として注目されています。

予防の基本は、毎日のご家庭での歯磨きです。そこで当院では、歯科衛生士が、歯ブラシの当て方や正しい動かし方を指導します。歯磨きに自信のない方はお気軽にお問い合わせください。お口の中には、むし歯や歯周病を引き起こす無数の細菌が潜んでいます。こうした細菌が粘着性のあるバイオフィルムという膜を作り、そこにプラーク(歯垢)が付着すると、むし歯や歯周病を引き起こします。バイオフィルムは歯ブラシでは落ちませんので、プロによる定期的な歯のクリーニングが必要です。
超音波スケーラー販売
予防歯科
ご存じでしょうか? 歯が抜ける原因のほとんどは虫歯か歯周病です。「正しいブラッシング」と「定期健診」を行っていれば予防できます。平松歯科医院では予防歯科にも積極的に取り組んでおり、PMTC(下記)やフッ素塗布(下記)による定期健診やブラッシング指導などを行っています。歯石除去に関しては1~2回程度の治療で終わるケースが多くなっています。

○PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)
歯科衛生士が器具とフッ化物入りペーストを用いて、歯の汚れを機械的に除去する方法です。虫歯、歯周病の予防管理を目的としてシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。

○エアフロー
エアフローとは、超微細なパウダーと水とをウォータースプレーで歯の表面に吹き付けて、汚れを取り除く処置です。タバコのヤニやコーヒーなどによるしつこい汚れにも効果的です。
歯科ユニットテーブル
○フッ素塗布
フッ素は歯の表面に触れると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化します。そのため虫歯になりにくい歯になります。歯科医院でフッ素塗布を行い、家庭ではフッ素入りの歯磨き粉などを使用するとより効果的です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。