健康、生活 › 一人一人のお口の中の状態に合わせた歯みがきの指導等を行います

2019年04月23日

一人一人のお口の中の状態に合わせた歯みがきの指導等を行います

歯が痛くなったら歯科に通う…これは当たり前のことですが、「治療」が必要になる前の「予防」はとても重要です。
「予防歯科」は家庭での実践が大切です。 しかし、家庭での歯磨きだけ、あるいは歯科医院でのお掃除だけ、などどちらか片方だけではお口の健康を守ることができません。自分の歯を守るために、歯磨きをするのはもちろん、歯科で定期検診を!歯医者さんで予防歯科の基本を学びましょう。 では、予防歯科とはどんなことでしょうか?その一部をご紹介します。

予防歯科の紹介
リスク診断
普段の生活習慣や食生活などから、虫歯になりやすいタイプか診断します。 歯みがきだけでなく、生活習慣の見直しも考えましょう。
ホワイトニング 照射器
スケーリング
歯の表面についているプラークや歯石を除去します。歯垢だけならセルフケアでも落とすことができますが、歯石の除去にはプロの力が必要です。

口腔衛生指導
一人一人のお口の中の状態に合わせた歯みがきの指導等を行います。 正しいセルフケアのポイントを教わり、家庭でプラーク(歯垢)を効果的に取り除きましょう。
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニグ)

専用の器具で歯を清掃し、歯の着色汚れなどを落とします。表面がつるつるピカピカになります。プラークやステイン(色)、タバコのヤニまでつきにくくなり、むし歯や歯周病が予防できるのです。とても気持ちがいいですよ!

保険で使えない薬剤を使用しますので自由診療になりますが、予防効果が高く、結果的に生涯の歯科医療費を最小に抑えられる可能性があります。 
3ヶ月おきなど定期的に受けることをお勧めします。

フッ素塗布
歯に直接フッ素を塗ることで、効果的に虫歯を予防します。歯のクリーニング後に定期的にフッ素を塗ると、虫歯に強い丈夫な歯になります。
歯科 スケーラー
歯の治療が終了してもきちんとした管理ができてないと必ず、むし歯・歯周病が再発します。定期検診を受ける事で歯を長持ちさせる事ができます。セルフケアでは100%汚れをとる事が出来ないので、歯周病・むし歯のチェック・歯のクリーニングなどによって、お口の中を定期的に管理していく事が大切です。歯科は歯を削ったり、詰めたり、神経を取ったり、抜いたりと痛い所を治すだけではありません。「歯科治療により健康と美しさを提供し、予防により豊で楽しい生活を維持する」それこそが歯科医院本来の役割であると考えております。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。