健康、生活 › 虫歯再発を防止するためのポイント

2019年05月24日

虫歯再発を防止するためのポイント

「予防歯科」という言葉を耳にする機会は多いと思いますが、日光市にお住まいの皆様は行っているでしょうか。痛みを訴えて来院される患者様の誰しもが、虫歯にはなりたくてなってしまったわけではないハズです。では何故、歯磨きをしているにも関わらず痛みが出るまで虫歯が進行してしまったのでしょうか。

原因は様々で、生活習慣だけではなくお仕事がら不規則な生活になっていたことが原因である場合も多いと思います。では、削って治して終わりでよいか。それは間違った認識です。虫歯を削り詰め物をして治す⇒詰めた周りで虫歯が再発する⇒再度大きく削って神経を取って治す⇒また虫歯になり歯を抜くこれが多くの患者様で起こるサイクルです。

虫歯にならない人は年をとっても虫歯にならず、一度虫歯になってしまった患者様が再発を繰り返すことが多いのです。なぜかというと、治療後も同じ習慣を続けており、天然の歯よりも虫歯が進行しやすい治療箇所から再発してしまうのです。
生体情報モニタ
虫歯再発を防止するためのポイント
唾液検査で自分の虫歯リスクを知る
自分の歯磨きが上手なのか知り、磨き残しクセを直す
定期的に歯科医院でプロのクリーニングと検査を受ける
歯科医院で高濃度のフッ素を塗って予防力を上げる

今まで自分だけで歯磨き(セルフケアの予防)していただけでは足りなかったのを、歯科医院で歯科衛生士によるクリーニング(プロが行うケア)を併用することが一番の近道であり、一番楽な方法なのです。
こばやし歯科医院は、患者様と一緒に予防を助ける身近な存在であり続けられるよう、日々技術を磨いて定期的な来院をお待ちしております。

分で行う予防歯科
◇歯周病予防に最も大切なことは、自分自身で行う継続的な努力です。
丁寧なブラッシングは歯周病予防の基本です。
そして歯周病にかかり、歯科医師に治療を受けたあとでも、ブラッシングを行えば、再発を防ぐことができます。最も大切なのは、何よりも「自分で歯周病を防ぐ」という意思であって、歯科医は、患者様のお手伝いができるだけなのです。
 ハンドスケーラー
◇早期発見、早期治療に必要なリコール
治療したあと、3ヶ月から6ヶ月の一定期間が経ってから再び診察することをリコールといいます。リコールは、症状が改善されているのか、また新たな病気にかかっていないかを確認するためにぜひ必要です。リコールのときは、病状の確認ばかりでなく、ブラッシングの大切さを改めて認識したり、プラークや歯石がたまっている場合には、スケーリングも行っています。長期的に見ると、リコールを行っている人と行わない人では、歯を失う確率に大きな差が出てきます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。