健康、生活 › ジルコニアのフレーム(補綴物の裏側)の上にセラミックを焼き付けた被せ物です

2019年05月27日

ジルコニアのフレーム(補綴物の裏側)の上にセラミックを焼き付けた被せ物です

クラウン(被せ物)
クラウンもインレーと同様に、虫歯治療後に削った歯(またはコア)に被せて歯を補う補綴物です。インレーのケースよりも深い所まで虫歯が進行し、歯を大きく削った場合にクラウンが適用されます。また、欠損治療の際にもブリッジ式のクラウンを作製することがあります。
ジルコニアオールセラミック
ジルコニアのフレーム(補綴物の裏側)の上にセラミックを焼き付けた被せ物です。ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるほどの強度を誇り、ジルコニアをフレームに採用することで耐久性が大幅に高くなるため、絶対に割れないとは言えませんが、セラミックのみでは難しかった治療も可能になりました。
ホワイトニング機器
セラミック&合金
こちらはフレームに合金を採用しております。金属を使用しているため強度はありますが、オールセラミックのような透明感は期待できず、一般的な天然歯の色には近付けることができます。裏面に金属が見える通常タイプと、合金がほとんど見えないようにできるフルカバータイプからお選びいただけます。

CAD/CAM冠
小臼歯にのみ適用する、保険診療の被せ物です。多額の費用をかけずに歯を白くすることができますが、色調が単調なため周囲の歯と色を合わせることが難しく、長期間の使用を通して変色や破折などのトラブルが起こりやすい側面もあります。
多機能CAD/CAMシステムを導入しています
当院では、デンタルラボ用多機能CAD/CAMシステム セレック in Lab を導入しています。セレックは世界中で導入実績がある歯科用機器で、「セレック in Lab」はコンピューター制御のもと、さらに高品質な補綴物を院内で短期間で作製できる機械です。 
歯科バイブレータ
詰め物や被せ物はもちろん、ブリッジやフルマウスの症状まで幅広く対応しており、耐久性に優れたブロック状のセラミックを削り出して、精密で審美性の高い補綴物を完成させます。機械に任せきりにせず、当院では 熟練の技工士が「セレック in Lab」の操作や設計、最終調整を担当しております。 

材料に使用するセラミックはメタルフリーで金属アレルギーの心配がなく、 現在の銀歯を白い歯に替えたい方にもおすすめです。歯とお身体に良いものを使用することで、二次カリエス(虫歯の再発)のリスクも下げることが可能になります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。