健康、生活 › 適切なブラッシングやフッ素塗布といった予防処置で改善できる。

2019年05月30日

適切なブラッシングやフッ素塗布といった予防処置で改善できる。

甘いものや冷たいものがしみたり、歯が茶色っぽくなったりしていませんか?
これらの症状があるようなら、虫歯かもしれません。虫歯は自覚症状がある時点で、ある程度進行しているケースがほとんど。こういった症状に気付いていながらも治療を後回しにしていると、夜も眠れぬほどの痛みが襲ってくることさえあります。
「虫歯かな……?」と思ったら、一度歯科医院で診てもらいましょう。
どうして虫歯になるの?
虫歯は、プラークに潜むミュータンス菌などの細菌が、食べカスに含まれる糖分を栄養にして強い酸を出すことからはじまります。放っておくと歯の表面のエナメル質が溶け出し、やがて歯に穴があき、次第に自覚症状があらわれます。
歯科用マイクロスコープ
虫歯の要因
糖質を多く含んだ食べもの
ミュータンス菌などの虫歯菌の増殖
八重歯や叢生(そうせい)など乱れた歯ならび
だ液の量不足 など
虫歯の進行と治療法
C0 〜初期の虫歯〜
自覚症状がない
歯の表面が白濁する
治療方法
適切なブラッシングやフッ素塗布といった予防処置で改善できる。
C1 〜エナメル質の虫歯〜
自覚症状がない
歯の表面が黒く変色する
治療方法
患部を削り、白い詰めものをする。乳歯の場合はフッ素塗布を行うこともある。
C2 〜象牙質の虫歯〜
冷たいもの、甘いものがしみる
穴が拡がる
治療方法
麻酔をして患部を削り、詰めものをする。穴が大きい場合は型採りをして詰めものや被せものをする。
C3 〜神経に達した虫歯〜
噛んだ時に痛むほか、何もしなくても激痛が走ることがある
さらに穴が拡がる
治療方法
根管治療後、土台を入れて被せものをする。
C4 〜歯根の虫歯〜
神経が壊死し、痛みがなくなる
歯根の先に膿の袋ができると、再び激痛が走る
治療方法
抜歯し、インプラント治療などの補綴治療を行う。状態によっては根管治療・MTM(矯正的挺出)・CLP(臨床的歯冠長延長術)等で、通常なら抜歯になるような歯を助けれる可能性がある。
鉗子 歯科



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。