健康、生活 › お口の健康は、全身の健康を守ることにもつながります

2019年06月28日

お口の健康は、全身の健康を守ることにもつながります

従来は、歯科医院は「痛くなったから行くところ」でした。そして、また痛くなるまで行かないところでした。
しかし、予防歯科の効果が明らかになり、健康な歯を保つためにはケアやメインテナンスが大切という考え方が広まり、歯科医院は、歯が痛くならないようにするために行く場所へと変わりつつあります。

予防歯科は、長い目でみるととてもスマートな方法
例えば虫歯の被せ物や詰め物には寿命があり、素材の品質にもよりますが、通常5〜10年で取り替えることになります。取り替える際に本来の歯を削る必要があるので、歯の強度も次第に弱まり、やがて歯を失い、インプラントや義歯など高額な治療が必要になることも珍しくありません。
歯科診療ユニット
一方、定期的に予防歯科を受診し、検診とメインテナンスを受けると歯やお口の中の清潔が保たれ、もし虫歯や歯周病になっていても初期のうちに簡単な治療で完治することができます。治療のための通院に多くの時間をかけたり、治療の痛みや不安感に悩んだり、高額な治療費をかけたりする必要がなくなります。

予防歯科は、数ヶ月や1年の単位で考えると手間や費用がかかるイメージがありますが、生涯を通して考えると、時間も医療費も有効に使えるとてもスマートなスタイルといえるのではないでしょうか。

お口の健康は、全身の健康を守ることにもつながります
しっかり噛んで食べることが健康の源であることはいうまでもありません。一方、多くの細菌やウィルスはお口から入ってきます。また近年、口の中の悪い細菌が糖尿病や肺炎の原因になっていることも新たにわかってきています。予防歯科で歯やお口の中を清潔に保つことは、全身の健康にもつながるのです。
ワックスペン
ご高齢の方は特にお口の中の清潔が重要
お年寄りになると口腔ケアがいっそう大切になってきます。免疫力が低下し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなる一方、手首に力が入りにくくなるなど体の不具合により、歯磨きやお手入れがしにくくなるからです。さらにしっかり噛んで食べることは、認知症予防にもなるとの報告もあります。高齢の方こそ、定期的な検診とメインテナンスを受けていただく必要があるのです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。