健康、生活 › 軽度の歯周病はほとんどが見逃されているといっても過言ではありません。

2019年07月11日

軽度の歯周病はほとんどが見逃されているといっても過言ではありません。

歯周病とは、細菌の出す毒素によって歯を支える骨が解けてしまう病気です。
統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。歯を失う最大の原因とも言える歯周病は、初期の頃は痛みも無く歯ぐきからの出血が見られる程度で自覚症状がほとんどありません。ある程度悪化してから噛めない、歯茎が腫れている、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、口臭があるなどのお口の変化で歯周病だと気づきます。歯周病とは、歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。1gの歯垢(プラーク)の中に、およそ1,000億もの細菌がうごめいています。これらの細菌感染によって起こる炎症が歯周病です。
歯科用サクション
歯周病原菌となる特異な細菌が、 歯周ポケットの中で異常増殖すると歯肉がはれ、 歯槽骨の破壊を起こさせるのです。もっとわかりやすく説明すると歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していくのです。末期になれば歯がぐらぐらになって、抜歯の選択肢しか残らない状態をむかえる可能性のある病気なのです。 

歯周病こそ早期発見、早期治療がその歯の寿命を大きく左右するのです。歯周病の早期発見ができる歯科医師・歯科衛生士を、あなたは選んでいますか? ほぼすべての歯科医院が定期検診をおすすめするのは、この「早期発見」を行うためです。しかしそれは、実際に歯周病の兆しを見抜く歯科医師のいる医院でなければ意味がありません。軽度の歯周病はほとんどが見逃されているといっても過言ではありません。

『年を取ると歯周病や虫歯で歯が無くなるのは当たり前』と考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、歯周病やむし歯は予防できる病気なのです。
まず、しっかりと治療を行い、治療後に再発しないように「予防・メンテナンス」をしていくことがとても重要です。
歯周病をおさえこむには治療より予防。それが私たちの解答です。
完全に阻止できるものではなく、そして起こってしまった疾患を治療するよりも、疾患が起きないよう、今以上に進行しないように力を注ぐべきもの。それが歯周病との付き合い方です。
歯科ユニットテーブル
また歯周病は、肥満や糖尿病などと同様に、生活習慣病のひとつといえるでしょう。
つまり、歯科医院における治療はあくまで一時的なものに過ぎず、
根本的な改善を行うには、患者様ご自身の食習慣や生活背景を視野に入れたセルフケアを私たちがご提案することがとても重要だと考えています。
歯科医院における歯周病対策の主役は歯科衛生士。
喜多デンタルクリニックではその考えに基づき、歯科衛生士専用ケア(予防)ルームにて個々の患者さまのためにやるべきこと、可能なことを見極め徹底的に行います。
「キュア(治療)ルーム」と「ケア(予防)ルーム」を完全個室分離したのは、『それぞれで歯科医師と歯科衛生士がベストを尽くす環境を整える』という明確な目的からです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。