健康、生活 › 歯の表面が削れていたり、損傷が大きい場合は詰め物を詰めて刺激が伝わるのを防ぎます。

2019年08月29日

歯の表面が削れていたり、損傷が大きい場合は詰め物を詰めて刺激が伝わるのを防ぎます。

知覚過敏は、冷たい物を口にした時、または歯ブラシが当たった時ピリッとしみる症状をいいます。歯の表面が削れたり歯根が露出することで、しみやすくなります。放っておくと症状が悪化して痛みが持続するようになり、歯髄炎という病気になることもあります。

知覚過敏の治療
知覚過敏の進度によって薬を使ったり、詰め物をしたり、虫歯や歯周病の治療するといった方法があります。刺激が伝わる原因を考え、根本から治療する必要があります。ここでは知覚過敏の治療方法についてご紹介します。
歯科材料
 歯磨き
知覚過敏専用の歯磨き粉で歯磨きをします。軽症の場合はこれだけで症状が消える場合もあります。
 薬を塗る
歯に専用のお薬を塗って刺激が伝わりにくいようにします。歯磨き治療を合わせると効果が表れます。
 咬合調整
歯ぎしりや咬み合せが原因での場合は咬合調整を行います。
 詰め物を詰める
歯の表面が削れていたり、損傷が大きい場合は詰め物を詰めて刺激が伝わるのを防ぎます。
 歯の神経を取る(抜髄)
しみる症状が生活に支障をきたすほどの場合は、歯の神経を抜くこともあります。歯の神経を抜くと歯はもろくなってしまうため、最終手段として用いられます。
ホワイトニング 照射器
知覚過敏が悪化すると・・・
知覚過敏による歯ブラシの痛みにより、歯磨きがおろそかになる結果、
虫歯や歯周病の原因となります。 虫歯が神経にまで進行した場合、根管治療が必要になります。単なる知覚過敏だと軽視していると、虫歯や歯周病を進行させてしまうケースもありますので、歯科医による検査と治療をおすすめします。

甘いものを食べると痛い
知覚過敏だけではなく、虫歯が進行している可能性があります。
虫歯進行により歯に穴があいてしまい、その穴から甘いものが神経に触れると強い痛みを感じます。知覚過敏の瞬間的な強い痛みに比べて、鈍い痛みが続く場合は虫歯が進行している可能性が高いです。自然治癒することはなく、虫歯の進行により歯を失う可能性も高まりますので、出来る限り早くの虫歯治療受診をお勧めします。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。