健康、生活 › 精密さが要求される「根管治療」

2019年08月29日

精密さが要求される「根管治療」

これって虫歯?お口のトラブルの種類
虫歯はごく初期でない限り、自然に治ることはありません。しかし、虫歯は原因や仕組みがはっきりわかっているので、予防やケアを徹底することで未然に防ぐことができる病気です。また、症状によっては虫歯ではなく、知覚過敏の場合もあるので、的確に判断してそれぞれのにあった処置を施すことを心がけましょう。
歯科ハンドピース滅菌
【虫歯と知覚過敏とはどう違う?】
虫歯が、プラーク内にひそむ病原菌が糖分をエサにして「酸」を生み出すことで歯質を溶かすのに対し、知覚過敏はエナメル質の下層にある象牙質が露出し、そこを通る象牙細管から神経へ刺激が伝わることで起こります。その原因にはさまざまなことが考えられ、歯周病で歯ぐきが下がって歯肉に隠れていた象牙質が露出しているケースやエナメル質が何らかの理由で損なわれているケースなどがあります。原因に応じて適切な処置を施すことが重要です。

重度の虫歯には根管治療
虫歯菌による汚染が歯髄まで達したC3の虫歯は、そのまま放置してしまうと抜歯しなければならないほど進行してしまいます。抜歯は歯列や咬み合わせのバランスを大きく乱すために、できるだけ避けたい処置です。そこで抜歯を避けるため有効な治療法が、汚染された歯質や歯髄を取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して詰め物で密封してクラウンを被せる「根管治療」です。

精密さが要求される「根管治療」
根管治療は、肉眼で見ることが困難な歯根内部から汚染物質をしっかり除去する必要があります。内部に取り残しがあると、再び内部で炎症が起こる「根尖病巣(こんせんびょうそう)」を引き起こす可能性が高いためです。また、根管治療は二度目以降のやり直し治療では、成功率が著しく低下するというデータがあります。そのため、お口の健康を考えるのであれば、一回目の治療をしっかり成功させることが重要になります。

3Mix-MP法は、薬剤による虫歯の治療法です

3Mix-MP法とは、3種類の抗生物質・抗菌剤を混ぜたものを虫歯の部分に詰めることによって、虫歯菌を殺して虫歯を治すという治療法です。
タービン 歯科
従来の治療法との最大の違いは、細菌感染した歯を全て削らずに一部残すということです。

3Mix-MP法のメリット
歯を削る量が少なくてすむ可能性がある
歯の神経を取らずに、残せる可能性がある
副作用は現時点で報告されていない
歯を削る量が少ないので、痛みが出る可能性が低くなる
(雑誌などで「痛くない虫歯の治療法」と紹介されていることもありますが、痛みが全く無い訳ではありません)



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。