健康、生活 › 歯と歯茎の溝が深くなりだし、歯磨きだけでは歯石が取れないため、進行を止めるのは難しくなります

2019年08月30日

歯と歯茎の溝が深くなりだし、歯磨きだけでは歯石が取れないため、進行を止めるのは難しくなります

歯周病とは歯の病気ではなく細菌による感染症です。
かつて歯槽膿漏と呼ばれたこの病気は、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、 プラークに含まれる細菌によって歯肉が炎症を起こし、ついには歯を支えている歯槽骨を溶かしてしまう病気です。

強い自覚症状もなく悪化していくことが多く、知らず知らずのうちに歯周病が進行してしまい、いつの間にか最悪な状態になることもありえます。 現在、日本では成人の約8割が何らかの歯周病になっていることが知られており、国民病といっても過言ではありません。

歯周病の症状
初期症状
歯磨きをすると出血することがあります。 歯がうずいたり、歯茎が腫れぼったく感じることなどあるが、痛みはほぼありません。歯の周囲の歯茎に隠れてしまう場所に歯石が付着し始めているので、歯石を取り歯磨きをしっかり行なえば改善されます。
小型高圧蒸気滅菌器
中期症状
歯磨きすると歯茎から出血します。歯茎が腫れたり治ったりを繰り返し、歯茎を押すと膿が出るようになり、口臭が気になるようになります。初期よりも歯の周囲の深い場所や内部に歯石などが付着しており、歯にぐらつきは無いが、骨が弱くなり溶け始めています。 歯と歯茎の溝が深くなりだし、歯磨きだけでは歯石が取れないため、進行を止めるのは難しくなります。
口腔内カメラ
末期症状
歯磨きの時は毎回のように出血します。歯茎に痛み・腫れを感じ、歯をかみ合わせるだけでグラつくようになり、歯の周囲を指で押すと膿が出てくるようになります。深い部分まで歯石が付着し、歯茎が歯を固定できない状態となり、歯を支える骨も溶けてしまっています。 自然治癒で治ることはなく、一度壊れてしまった土台を再建するのは非常に難しいのです。 末期の状態になると、最初は1本だけぐらついていた歯も短期間のうちに次々と他の歯がぐらついてくることもあります。歯を守るためには、歯周病を常に早い段階で予防や治療を行うことが大切です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。