健康、生活 › 「歯のクリーニング」ってこんなことをします

2019年10月28日

「歯のクリーニング」ってこんなことをします

歯もクリーニングするの?はい!するんです。なぜなら、ご自身でのブラッシングでは、残念ながら5割程度、デンタルフロス(糸ようじ)を使っても8割程度しか汚れが落ちないからです。汚れが取りきれないことで「歯垢」が「歯石」になり、虫歯や歯周病を引き起こします。

自分の歯に勝る歯は、この世に存在しません。手入れをすれば、おじいちゃんおばあちゃんになっても自分の歯で食事が出来ます。おじいちゃんおばあちゃんになるまで歯を長持ちさせるには、定期的な歯のクリーニングが最も効果的です。虫歯や歯周病予防はもとより、口臭予防の効果もあります。また、歯のクリーニングは定期的にすることが大事です。
人によって歯と歯ぐきの状態が違いますので、来院していただく間隔は当院がご提案いたします。
根管治療機器
半年~3ヶ月に1回の歯のクリーニングが理想です。ですが「何が何でも定期的に行かなくてはいけない!」という訳ではありません。「患者さんの歯と歯ぐきの状態」や「ライフスタイル」に合わせて、無理なく長く通えるようご相談しながら決めていきましょう。ご都合など遠慮なくご相談ください。

「歯のクリーニング」ってこんなことをします
「スケーラー」(画像のような器具です)を使い、歯垢(プラーク)や歯石などを除去します。「歯石って何でできているか?」ご存知ですか?「歯垢」と「唾液中のカルシウム」と「血液」が結合して固まったものなのです。残念ながら、歯石になってしまうと、ご自身のブラッシングでは取ることができません。歯石は、虫歯や歯周病や口臭の原因にもなります。歯科衛生士がスケーラーを使って「歯石」を除去します。
生体情報モニタ
PMTC
そもそもPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)って何?PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリニーング)とは、歯のクリーニングのプロフェッショナルである「歯科衛生士」が専用の機械を使って行う歯のクリーニングです。(「歯科衛生士」は国家資格です)毎日のブラッシングで取りきれない汚れや、歯周ポケットがある場合、そのポケットの中をキレイにします。定期的にPMTCを受けると、虫歯や歯周病になりにくい歯と歯ぐきになります。

最近の歯医者さんは、虫歯になってから行く場所ではなく予防のために行くところになってきています。美容院や床屋さんで髪を洗ってもらうと気持ちがいいのと同じように、歯医者さんで歯と歯ぐきのお手入れをすると、歯がツルツルになり気持ちがいいのです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。