健康、生活 › どうして定期的なクリーニングが必要なの?

2019年10月31日

どうして定期的なクリーニングが必要なの?

歯周病菌が糖尿病などいろいろな病気の原因の一つになっていることがわかってきました。お口だけでなく、全身の健康を維持していただくために、当院では予防歯科を重視しております。ただし、予防は保険が適用になりません。そのため、当院では歯科衛生士による丁寧で優しい予防歯科処置を、お手ごろな価格で行っております。年に3~4回予防することで、虫歯や歯周病に罹りにくくなるだけでなく、生涯の医療費を節約することもできます。予防処置を終えると、心地よい刺激で、終わった後はピカピカつるつるになり、すっきり爽快感が生まれます。
ホワイトニング 照射器
どうして定期的なクリーニングが必要なの?
お口のお掃除で、ていねいな歯磨きが推奨される理由は、悪い細菌を大量に含んでいる古い歯垢のかたまり(バイオフィルム)を除去することが大切だからです。しかし毎日のブラッシングでお口の中の歯垢を100%除去することは、大抵の場合とても困難です。少しずつ磨き残した部分には、汚れが蓄積され、バイオフィルムが形成されてしまいます。
バイオフィルムができるまで良い歯垢が、病気を起こすバイオフィルムへと成長する過程を見てみましょう。

Stage1
歯の表面をだ液の成分がコーティングします。
Stage2
だ液成分を好む善玉菌群がくっついて定着し、健全な歯垢が形成されます。
Stage3
善玉菌により、歯面が覆われると、次は歯周病菌などの悪玉菌がその上に積み重なっていきます。
Stage4
悪玉菌群がネバネバした物質を合成し、これらの菌群全体が覆われた状態になります。(これをバイオフィルムといいます。)
エアーモーター
虫歯と歯周病の両方にかかってしまった人の多くは、虫歯治療を優先したいと考えます。
何よりこれは痛みの辛さが理由であり、痛みを感じない歯周病よりも痛みを感じる虫歯の方が辛いと感じます。
ただ、歯周病も虫歯同様に怖い病気であり、決して無視できる病気ではありません。
歯周病になってそれが進行すると、歯槽骨が溶かされていきます。
この歯槽骨は歯を支える役割を担っており、歯槽骨が溶かされることは歯が支えを失うことを意味します。
支えを失った歯は不安定な土台に建つ建物に等しい状態であり、やがて歯は抜け落ちてしまうのです。
また、歯周病は痛みを感じないことから怖くない病気に思われがちですが、
むしろ痛みという辛い自覚症状がないからこそ怖く、なぜなら病気の発症を自覚しにくいからです。
「いつの間にか発症していつの間にか進行する」…その特徴から歯周病は「静かなる病気」と呼ばれます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。