健康、生活 › すべては「健康な歯を残す」ために

2019年12月31日

すべては「健康な歯を残す」ために

噛んだり話したりするために大切な歯。日本人は医療先進国でありながら、歯科の領域ではまだまだ意識の低い方も多く、実際、歯が残っていないお年寄りはたくさんいらっしゃいます。そのため、当院ではできるだけ健康な歯を残すための治療や予防処置を進めております。しかし、それと同じくらい大事なのは患者様の意識です。普段の歯磨きがおろそかになっていたり、定期検診を受けていなかったりすると、どうしても「虫歯や歯周病が酷くなったからそれを治す」ということになってしまいます。
歯科 通販
検診による早期発見
虫歯が痛くなってから来院される方がいますが、この場合ほとんどが神経まで虫歯が進行してしまっています。当院では、検診にて虫歯の早期発見を推奨しています。
特に歯の間からの虫歯や、歯の根元にできた虫歯は、痛みがなくても、中で大きく広がっていることもあります。これも歯を削りすぎないための取り組みです。

削り過ぎない、取り残さない
歯を残すために重要なことの一つが、虫歯治療の際に歯を削り過ぎないということです。削られた歯は弱くなってしまいますし、特に歯の神経を抜いた歯には栄養が供給されなくなり、将来抜ける確率が高くなってしまいます。一方で、虫歯菌が残った状態で治療を終えてしまうと、再発して結果的に歯を失ってしまうことになります。当院では、削り過ぎず、虫歯菌の取り残しもなくすために、ドックベストセメントとマイクロスコープを導入しています。

ドックベストセメント
ドックベストセメントとは、虫歯の穴に詰めるお薬のことです。虫歯が歯の神経の近くまで進行してしまっているときに、神経を取らない程度まで歯を削り、ドックベストセメントを詰めておきます。すると、歯の中で虫歯菌が殺菌されて、神経を残したまま虫歯治療を終えることができます。
ホワイトニング 照射器
マイクロスコープ
マイクロスコープは、患部を数十倍まで拡大することのできる歯科治療用の顕微鏡です。これを使用することで、患部の細部を確認することができ、削り過ぎずに虫歯を取り残さない処置が実現できます。特に、虫歯が歯の根っこまで到達してしまった時は、マイクロスコープがないと見つからない根管や隙間があるため、効果の高い治療をすることはできません。また、処置が精密に行えることで、治療後の仕上がりがきれいになるというメリットもあります。

食いしばりの治療
歯を失ってしまう原因は「虫歯」と「歯周病」、そんなイメージをお持ちの方が多いかと思います。しかし、実は「食いしばり」によって歯がグラグラと動き、やがて抜けてしまうということも珍しくありません。食事の際に強過ぎる力で噛んでいる方や、普段から無意識のうちに歯を噛み締めている方は、知らぬ間に歯を酷使し、歯の寿命を縮めてしまっている可能性があります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。