健康、生活 › むし歯や歯周病の原因となる「バイオフィルム」とは?

2020年01月13日

むし歯や歯周病の原因となる「バイオフィルム」とは?

むし歯や歯周病は、ある特定の細菌が引き起こす感染症です。毎日の歯磨きでも取りきれずに、長い時間、歯の表面に残された細菌のかたまり(プラーク)は、やがてフィルム状に強固にこびりつき、増殖します。

古くなったプラークが作り出すこの細菌の巣「バイオフィルム」は、他の異物の侵入を拒む性質があり、うがい薬なども効果が発揮できません。ちょうどお風呂場や流しのパイプの内側に付着している汚れと同じようなもので、こうなるとハブラシでどんなに丁寧に磨いても、なかなか取り除くことができません。

定期的な「歯のクリーニング」でこの「バイオフィルム」を取り除くことが、あなたが抱える“お口の悩み”を解消する糸口になります

歯のクリーニング法
プロが行うお口のお掃除です。以下のような方法を用いて、それぞれの利点を最大に生かせるよう、患者さんの状況に応じて組み合わせ、段階的に行います。
ホワイトニング機器
1. ハンドクリーニング
毎日のブラッシングでもみがき残しがちな歯間部や隣接面のプラークを、歯ブラシやフロス、歯間ブラシなどを用いて、プロのソフトなハンドクリーニングで除去します。舌の表面の汚れ「舌苔(ぜったい)」も舌ブラシなどを使ってケアします。

2. PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)
専門的なさまざまな回転器具を用いて、主に表面積の大きな部位のバイオフィルムを機械的に破壊し除去する方法です。歯石除去とは異なり、生きた細菌が多く含まれる古い歯垢の除去が目的です。
PMTCの特徴は、爽快感と快適さにあります。歯のクリーニング専用に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので、痛くありません。プラークに含まれる細菌を落とすことにより、歯肉の腫れや痛みを改善し、むし歯や歯周病を予防するのみならず、タバコや茶渋などの汚れもとれ、歯の表面はツルツルになってとても気持ちがよく、汚れもつきにくくなります。
歯科 ユニット
PMTCの手順
固着性の強いバイオフィルムは、ブラシと研磨粒子の粗いペーストで除去します。
ラバーカップと研磨粒子の細かいペーストを用い、表面の汚れを落とします。
プラスチックのチップを使って、歯と歯の間の汚れを落とします。
歯周ポケット内部のバイオフィルムも除去します。
さわやかな洗浄液で、お口の中をきれいに洗います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。